スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ポセイドン

評価    ★☆☆☆☆
監督    ウォルフガング・ペーターゼン
原作    ポール・ギャリコ
脚本    マーク・プロトセヴィッチ
出演    カート・ラッセル  ジョシュ・ルーカス  ジャシンダ・バレット


PC
作品情報
ニュー・イヤーズ・イブのパーティで賑わう豪華客船ポセイドン号を大津波が襲い、一瞬のうちに船は転覆しパニックに陥る。衝突の衝撃が収まり生き延びた人達は、かろうじて原型を留めているダンスホールに集まる。船長は、このままじっと救助を待つべきだと主張するが、ギャンブラーのディランはそれに従わず、脱出方法を探すべく賭けにでる…。





本当にびっくりしました。
あまりの酷さに。
よくもまああの名作をここまで駄作にしたものだと感心します。

大体パニック映画の大傑作「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイクすること事態が作品への冒涜と言うもの。しかし、前作を凌ぐ作品を作ろうとする意気込みが感じられるのであれば100歩譲ってまだ許せるところですが、この映画から伺えるのは、前作に全く思い入れがない人たちが技術に頼り切って作った、壮大な駄作であったと言う事実。故に制作費の100億円は壮大な無駄遣い。

恐怖もう、この映画に関しては言いたいことが山ほどあって、しかし一体どこから言えばよいのかが分からない自分がもどかしい。
とにかく前作は、極限に置かれた人間のドラマ、刻一刻と迫り来る沈没への恐怖と生還へのあくなき戦い、どれをとっても珠玉のストーリーで、いくつもの名シーンが今尚輝きを放っています。パニックの中にも感動があり、一人一人の登場人物たちにもちゃんと思い入れを感じることができ、その人たちが1人また1人と命を落とすシーンでは息を呑み、最後のシーンでは「牧師が、牧師さんがあ~~っ!」と、それはすごい衝撃を受けたものだ。

それが今回はどうでしょう。
何の深みもないエピソードに登場人物、苦悩もドラマも全て上滑り。
全てがストーリーを消化させるための駒と成り果て、「こういう風になるからこうなる」「ここで死ぬことになっているから死ぬ」みたいな、見る側の感情を一切考えないご都合主義満載なので、感動するハズのシーンでも実にシラけてしまう。それと、セリフの妙なアメリカ流の言い回しも鼻につく。挙句の果てには、「この映画の見所は技術の進歩のみ」と言う開き直りさえ感じられる。

消化全ての敗因は、監督をはじめ映画製作に携わった全ての人の「ポセイドン・アドベンチャー」に対する想いや理解の浅さでしょう。温故知新の真逆といったらよいのかな、「古きを訪ねず新しきを創造できず」といった具合。
テロが原因で船が沈むというのもかなりお粗末。アメリカってテロに人一倍敏感でありながら、どうしてすぐお助け技で「テロ」を行使してしまうのか、ほんっと理解に苦しみます。
そういう苦しい現代性を加味させている一方では、ストーリー展開のスパイスとなる部分は前作の名シーンを踏襲してしてラクをしている。しかし、クライマックスのあの名シーンはなく、なんの感動もない新たなラストで映画は終わる。

いやもう、本当に時間返せ、テレビの電気代をかーえーせーですよ。
ああ、1800円もかけて劇場で見なかった幸運を喜びたい。
付け加えて置くならば、本国アメリカでは、この作品は大コケしたそう。当然でしょうね。

今回のリメイクは、前作がどんなに傑作であるかを証明したにすぎません。今のハリウッドは「リメイク大国」などというありがたくない称号を与えられているのだから、せめてそれに見合った仕事をして頂きたいものです。


クルーはお客に手を出しすぎだから!


⇒「ポセイドン」の詳細を見る
icon



 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/アクション | コメント(15) | トラックバック(0)2006/10/16(月)20:46

コメント

毎度のことながら、しょうもないと言われると逆に観たくなる自分がいて、困ってしまうわけですが…(笑)。
前作は牧師について行くか行かないかで、生死を決める重要な選択を迫られる傑作でしたね。「ポセイドンアドベンチャー」以降はよくある究極の選択ですけど。

私も何でもかんでもテロを原因にするなと賛成する者です。

2006/10/16(月)22:49| URL | 加納ソルト #- [ 編集]

加納ソルト さんへ

「ポセイドン・アドベンチャー」は実に素晴らしい映画でした。
あれがもう完成形なのに、なぜリメイク?!とイヤな予感はしていたんです。
そしたら思ったとおり、やってくれました(笑)

前作をご存知なら、きっと突っ込みどころが満載かと思います。
それも映画を見る上での楽しみの一つですよね・・・きっと・・。

2006/10/16(月)23:45| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

この作品、試写会で観たんですが、

まあ普通に楽しかったって感じでした。

でもこのレビューを拝見して、「ポセイドン・アドベンチャー」と比べると、とんだ駄作だったのかと驚きました。

恥ずかしながら「ポセイドン・アドベンチャー」を観ていないので、今度観て比べてみようと思います。

2006/10/17(火)20:52| URL | おしり #- [ 編集]

私はこれ映画館へ行って1800円払って観てしまいました
何とも言えない感覚でしたね。大作のリメイクとかもうやめてほしいですよね。ウォルフガング・ペーターゼン監督といえば「アウト・ブレイク」や「エアフォース・ワン」とかいい作品を作ってるのに何でこんな結果になったんでしょう?
それとカート・ラッセルがだいぶ年をとってましたよね。
「バック・ドラフト」の時は若かったのに、時を感じますね。

2006/10/17(火)21:38| URL | つよぽん #- [ 編集]

ほぉ~

私は前作を幼い頃に観ました。

どのシーンもドキドキしながら観たのを覚えてます。
そして観終わってハ~ッと深呼吸。。。みたいな(笑)

小さい頃から父と一緒に「地獄の黙示録」などかなり大人向け(しかし際どいラブシーンは無いシリーズで)を観てきたのですがこれも「ん~~~なるほど~」と今もよく覚えてる映画の一つです。人が死んでしまうシーンは多々あるんですがきちんと意味を感じさせるところがありましたよね。
むやみやたらとポコポコ死んでなかったです。

リメイクって厳しいですねぇ。そしてその巨額な制作費。。。
無駄なお金がどんどん使われていく。。。切ないですね。

そんな無駄なお金があるなら、CGだけに頼りきった駄作を作るのではなく、もっと沁みる映画をつくって欲しいですよね。有名な監督のみならず若い芽を発掘してほしいものです。
ハリウッド映画界の人達はお金にどんな価値を感じているのでしょうかねぇ。。。

ところで私は今「カポーティ」って映画が観たい気分です。
映画館じゃ無くてもシリーズですが、、、

2006/10/18(水)11:14| URL | かなあみ #- [ 編集]

おしり さんへ

多分私には前作の「ポセイドン・アドベンチャー」が強烈すぎたのでしょうね。
CGを見慣れた今となっては過去の作品は多少物足りなく思うかもしれませんが、窮地に追いやられた人間ドラマとしては超一流だと思います。
今回の「ポセイドン」はその部分がおろそかにされてしまったのが残念・・・。

同じくパニック映画の金字塔、『タワーリング・インフェルノ』もオススメです。

2006/10/18(水)19:09| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

つよぽん さんへ

リメイクって新しく世に出して、過去の作品を知らない人に伝えると手段と言う意味ではとても有意義ですが、そのぶん責任をもって製作してほしいですよね。
「ふーん、あんなものかあ」などと思われたら、大変です!

今回のポセイドンは、勝手な予想ですが、大人の事情がありそう・・。
「今時津波で転覆するような船は造っておらん!」とばかりのスポンサーの意向で、テロ云々が持ち出されたような気がしてなりません。深読みかしら?

確かにカート・ラッセルは年をとりましたねえ。
スクリーンって、残酷・・。

2006/10/18(水)19:16| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

かなあみさんへ

私も父親と「ポセイドン・アドベンチャー」を見てました。
幼心にもかなり影響を受け、「船の旅は止めよう」と思ったものです。
まあ、酔いやすいうえ、100万あげると言われても船には乗りたくないのですが(笑)

今回はムダ死にが多いこと多いこと!
おばあちゃんの死はなんだったのでしょうか!
あの優しいクルーさんを飲み込んだあの突発的な鉄砲水は何だったのでしょうか!
あんまりです。

「カポーティ」、私も見たいです!

2006/10/18(水)19:21| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

こんばんは。
最近やっと疲れが取れてきました^^;

「ポセイドン」皆さん評価低いですね。
こうも評価低いと、逆に気になって気になって観たくなってきちゃいました。

てなわけで明日にでも観てみることにします。
そしてその後はおそらく、怒り狂うみやぽーさんと同じなんでしょうね(笑)

ところで「ポセイドン」観た後に「ポセイドン・アドベンチャー」を観ると楽しめますか?
どちらもまだ観たこと無いのでやってみようかな(^^)

2006/10/23(月)23:14| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

確かに怒り狂いました(笑)

二つを同時に見るというアイディア、面白いです!
私も何かでやってみたいな。

そして、オススメの順番は、「ポセイドン・アドベンチャー」→「ポセイドン」。
やはり傑作を先に見た方が衝撃は大きいかと思います。

2006/10/23(月)23:35| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

こんばんは。

「ポセイドン・アドベンチャー」→「ポセイドン」の順番で見てみようとレンタル行ったら、「ポセイドン・アドベンチャー(2005)」「ポセイドン・アドベンチャー2」ってのがあって、今回初の私には「なんのこっちゃ?」って感じでした(-_-;)

1972年の作品だと思って見てみると「レンタル中」
なぜ?.....タイミング激ワルです(T_T)

なので「ポセイドン」、みやぽーさん得意?の突っ込みながら鑑賞しました(^^)

原作知らないのでそれなりに楽しめましたが、「バラストタンク」から先に行く時、

「なぜみんなゴーグルも付けずに水中でモノが見えるの?」しかも海水。「目、痛くありませんか?」

それよりここに私がいた場合、完全においてけぼり食らってます!

ああ、海は怖い....
サメで怖かったのに今度は船。
海が嫌いになっていく....(T_T)

2006/10/30(月)23:18| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

ううう、それは残念!
だけど、その分「ポセイドン」が楽しめたみたいでよかったです(^-^)

>「なぜみんなゴーグルも付けずに水中でモノが見えるの?」しかも海水。「目、痛くありませんか?」

確かに(笑)
あんなにぱっちり開けられたもんじゃないですよね。
しかもその後、みんなの服の乾きがやたら早いし(笑)

きっと私もここで脱落です。
船に酔うし、絶対船のたびは無理です。

ところで「ポセイドン・アドベンチャー2」があったとは知りませんでした。
シリーズものだったのですね。

2006/10/31(火)21:15| URL | みやぽー #3U6GauWE [ 編集]

こんばんは。

服の乾きの早さまで気づかなかったです。わたくしまだまだみやぽーさんには及びませぬ(-_-;)

ところで「ポセイドン」他に3作ありますね。
戦争モノ「ポセイドン」
1972リメイクとか言ってるけど「テロリスト潜入」の「ポセイドン・アドベンチャー(2005)」
秘宝を引き上げようとする会社側と医療チームが激しく対立する「ポセイドン・アドベンチャー2」

映画ってこんなんでいいのかなあ(/_;)

2006/11/01(水)00:45| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

ほえー・・・。
なにもシリーズものでやらなくても、他でできそうな内容ですね。
乗っかり主義も甚だしい!
これがハリウッドですか・・。

2006/11/01(水)22:50| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/08/12(木)11:24| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。