スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ワールド・トレード・センター

評価  ★★★ 「映画」としてみた場合
     ★★★★「ドキュメンタリー」としてみた場合
監督  オリバー・ストーン
出演  ニコラス・ケイジ   マイケル・ペーニャ


PC作品紹介
2001年9月11日、全世界がTV画面に釘付けになった、あの日。アメリカ同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターの地下で、逃げ惑う人々を必死に誘導する男たちがいた。港湾警察官のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノのふたりもその中に…。しかし次の瞬間、ビルは崩落し、ふたりは地中深くに閉じ込められてしまう。極限状況の中、彼らに何が起きたのか?ふたりは互いに励ましあって、愛する家族のために最後まで決して希望を捨てずに困難に立ち向かう!。そして彼らの生還を信じて待つ家族…。TVでは知りえなかった、必死になって生きよう、そして助けようとした素晴らしい人間の姿がここにある。





テロ
<ニュース映像より>

5年前の9月11日。
この日だけは、自分はどこで何をしていたかを鮮明に思い出せるのではないでしょうか。

私が家に帰った時には既に2機目がツインタワーに衝突しており、タワーからもくもくと煙をあげるその有り得ない映像に呆然となったのを覚えています。
そして、次の瞬間、タワー2が崩壊。

未曾有の出来事と言うのはこういうことを言うのでしょう。
何千もの人々の命がのみこまれている瞬間を目にし、しかしそんな自分は安全な場所からそれをリアルタイムでそれを固唾を呑んで見ている。
今現実にこれは起こっているという実感を得るのが、本当に難しかった。


ヒメノ映画を見ると、9.11のこのテロに対して、過剰な演出を行わず襟を正してありのままを見せる努力をしていることが分かる。
この映画は救助を行う警察官や消防士たちの群像劇にして、様々なドラマを見せて「泣かせる」映画にしようと思えばいくらでもできる。しかし、オリバー・ストーン監督は敢えてそのようなことはせず、ひたすら消防士2名とその家族から話を脱線させることはない。一部映画に都合の良いような印象を受ける役も真実。真実に重きを置くがために、正直「映画」としては物足りなさを感じる。しかし、「9.11」に対して真摯に向き合おうとする映画の姿勢は、本当に素晴らしいです。

そして、映画の中では「テロ」と言う言葉は出てきても、「誰がテロを起こしたのか?」という疑問を追求していません。それは既に周知の事実だから言うこともありますが、現場ではそのようなことをよりも、目の前にある命を救うことが全てだったからなのでしょう。

今は無きワールド・トレード・センターの見せ方も工夫がされています。
タワーをどのように映画の中で蘇らせるのか、私はそこに注目していましたが、遠景で見せるそれは技術の力で本当にそこに存在しているような違和感のないものに仕上がっていました。
しかし、問題の追突シーンでは、消防士の目線から描くことによって、見せないことで臨場感をだすことに成功しています。変にCGで作られるよりよっぽど良かった。

ニコラス・ケイジの演技も素晴らしく、ジョン・マクローリンという人物を抑えた演技で上手に表現していました。彼はどのような役を演じても、結局は役柄より「ニコラス・ケイジ」という個性(というか顔?)が目立って仕方なく、私には苦手な俳優だったのですが、、この映画に関して言えば本当に上手に演じている。
ただ、彼は主人公ですが、瓦礫の下で救助を待つ側なので、彼が活躍する映画を望むのであれば、思い切り肩透を食らうことになる。


崩壊「ユナイテッド93」「ワールド・トレード・センター」も、私たちはその結末を知っています。
それにも関わらず映画を見に行くのは、そこに至るまでのプロセスが、一体どのようなものだったのかということを知りたいから。
2001年のテロからまだ5年しか経っていないという、短い期間での映画化は正直どうかと思いました。しかし、「ワールド・トレード・センター」は決して興味本位で作られた映画ではなかった。だからこそ見る側も襟を正して、警官や消防士達の命の犠牲を厭わない働きに敬服し、エンド・クレジットが流れても、せめてそこに連ねられている犠牲者の名前の数多さを実感してから、席を立つべきだと思う。


元海兵隊 : 「ウィスコンシン州から救助に来たのかい?」
警察官  : 「だって、じっとしていられないだろう?」







 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(17) | トラックバック(1)2006/09/28(木)00:21

コメント

正直、お涙頂戴系なのかと思ってました。
これを読んで見方が変わったんで、見に行きたいと思います(・∀・)

2006/09/28(木)13:51| URL | pool・troon #- [ 編集]

貴重な情報ありがとう♪

僕は、「ユナイテッド93」も「ワールド・トレードセンター」も全く見る気が起こりませんでした。
9.11の事件を映画にするなんて・・・
どーせ、アメリカの正義感溢れる映像見せられて、「我々は正義だ!!」的な印象を植え付けられ、さらにその事件をダシに興行収入で儲けようなど、言語道断!!って思ってました。
しかし、ユナイテッド93にしても、今回のワールド・トレードセンターにしても、僕が思っていたいような感想は聞きません。
ちょっと考え方が変わりました。
見る・見ないは別として、こういった作品があってもいいんだなと。

2006/09/28(木)17:53| URL | アジア味噌 #- [ 編集]

見たいと思ってます

ユナイテッド93もワールドトレードセンターも見たいと思っています。

一方でアメリカで起きたテロの報復行為によって更に悲惨な状況がイランやアフガニスタンで起こっていることも決して忘れてはならないと思います。

2006/09/28(木)18:22| URL | みおぽん #- [ 編集]

pool・troon さんへ

こんにちはっ(^-^)
私も、アメリカの大義名分且つお涙頂戴系かと思っていました。
やはりまだテロから日が浅いのと、遺族を慮って作られたのでしょうね。
嬉しい驚きでした。

2006/09/28(木)22:10| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

アジア味噌さんへ

私も、まだテロから日が浅いのに、なぜ映画にする?とどちらかと言うと反感を持っていた派でした。
映画にするには(こう言ってはなんですけど)9.11は格好の材料ですから。
ところが、実際はちゃんと9.11に向き合った作りをしていたので、驚いたと共に安心しました。

アジア味噌さんの言うとおり、このような映画はあってもよいかもしれません。
ただ、興行収入などはあまり声を大にして言わないでほしいなと思います。

2006/09/28(木)22:16| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

まちがい!

イランではなくイラクでした^^;
ごめりんこ

2006/09/28(木)22:27| URL | みおぽん #- [ 編集]

みおぽんさま

本当にその通り。
9.11は世界中に与えた衝撃がものすごく、映像でも頻繁に流され恐ろしさと、そこに生まれた人間模様が(時には感動的に)配信された。
しかし、中東でも無数の罪無き人たちが殺されたということは、当時はニュースで流れても、今はあまり扱われてないよね。
テロも戦争も人を殺すことには変わりない。
どちらも忘れてはいけないことです。

間違いOK!だいじょぶりんこ♪


2006/09/28(木)22:29| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

先行公開で観たんですか?
どんな風にあのテロ事件を描いているのかすごく気になります。ユナイテッド93は再現ドラマみたいな感じとして観たけどワールド・トレードセンターも映画として観ず、ドキュメンタリーとして観た方が良さそうですね。とりあえず前売り券は買ってるんで観に行ってきます。
でも9.11テロから5年もたってるんですよね。つい最近起こった様に感じます。あの時は海自に入ってまだ半年の時で艦の食堂のテレビでテロの事を知りました。その後はもう大騒ぎで休みも全て無くなり、大変な時に海自に入ってしまったなと思いました。

2006/09/28(木)22:44| URL | つよぽん #- [ 編集]

絶対に観に行きたいと思いました!ただ何事もなく普通に生きてきた自分にとって、テロについて真剣に考える時間が少し位はあっても良いなと。

2006/09/29(金)00:38| URL | 憲二 #- [ 編集]

つよぽんさんへ

私は試写会での鑑賞です。
ヘンに感動モノにしていないところに好感を持ちました。
結局「ユナイテッド93」を見る前にこの映画を見てしまいました。

つよぽんさんはご自身の職業柄、このテロは日本国民の中でもさらに身近に感じられたのでしょうね。
その混乱ぶりを私は察するのも難しいですが、本当に大変だったと思います・・。

2006/09/29(金)15:12| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

憲二さんへ

大きなスクリーンで、ものすごい音響で見るこの映画は、本当に手に汗を握るものでした。
テロの脅威におびえつつも、まだ日本は他人事という感覚を持っていると思います(と言うか、私がそうです・・)
でも、この映画を見た後は真剣にテロについて考えてしまいました。
この感覚を忘れてはいけないと思います。

2006/09/29(金)15:16| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

テロ問題は

難しいですよね。。。

でも国問題と言うより人間一人一人の考え方もあるような。。。。アメリカが、とかイラクが、、と言うより全てがその人がその時代に生きて出会うべくして出会いその場所にその時間にそこにいてしまった運命のような、、、

誰が生まれてきた可愛い赤ん坊を見てこの子がいつかテロリストになり人殺しになるなんて思うか、、、、

それぞれの育った環境で悲しい運命に導かれていくんでしょうねぇ。。。

誰が悪いとかどの国がいけないと決め付けるのは出来ますが、その前に人間の寂しくて弱い心が悪を生むんでしょうね。切ないです、、、

自分がその立場になった時に何が出来るか、何が自分にとって大切なのかをを考えさせられる問題なのかもしれませんね、、、と思いました。

2006/10/05(木)11:50| URL | かなあみ #- [ 編集]

かなあみさんへ

かなあみさんの、
「誰が生まれてきた可愛い赤ん坊を見てこの子がいつかテロリストになり人殺しになるなんて思うか、、、、」
と言う言葉に目からウロコでした。

テロリストだって、殺人者だって誰かの子供なんですよね。
その育ってきた環境が人格を作り、この結果を招いてしまったのでしょう。

見る立場を変えたら、中東の人にとって今まで先進国がしてきたことは侵略と搾取と受け止められるかもしれません。
その歴史的背景が今回の事件の発端なのでしょう。
改めて、片側からみて結論付けられる問題ではないと思いました。

2006/10/05(木)22:06| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

ども、お久しぶりです。
掃除屋さんになっていましたのでなかなか見に来られませんでした^^;

しかし9.11、これはショッキングでしたね。1機目の激突見た時は最初映画かと思っちゃいました。それで友達と電話していた時、2機目の激突が起こりました。高所恐怖症で飛行機大嫌い人間の私は、さらに飛行機が怖くなりました(T_T)

こんな悲劇はもう二度と起こしちゃいけませんよね。
興味とかではなく、観ておかなければならない映画のような気がします。

2006/10/13(金)22:51| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

らいさん、お掃除ご苦労様です!
そのお仕事振りは密かに拝見させていただいておりました(笑)
ウチもそうですが、物置はある意味宝箱ですよね。
昔のものがザックザク。思い出がいっぱい。(by H2O)


本当にこんな悲劇は起こしてはいけないです。
テロはどうしたらなくなるのでしょうね・・。
首謀している国の人の憎しみは相当なもの。
だけど、新たな首謀者が今も育っているのかもしれない。
こんな悲しい出来事は一度だってたくさんです。
この映画を、中東の人たちはどう思うのかな。

2006/10/13(金)23:53| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

「マトリックス」映画の「LOOSE CHANGE」

初めまして、みやぽーさん。 長文失礼します。
この「WTC」は賛否が大きいとも聞きますが、考えさせられる物があるようですね。
私はDVDで鑑賞予定ですが、主人公たちにとっての奇跡を観ようと思います。
一方で10日まで重要な生還者のロドリゲス氏が来日していました。(リンク参照)
http://harmonicslife.net/Blog/2006/JimmyWalterTVAds/comm_william.wmv

>「誰がテロを起こしたのか?」という疑問を追求していません。既に周知の事実。

ツインタワー崩壊したのは「火災が原因」とする公式報告書が従来の認識ですが、
計画的な「制御破壊でビルは爆破された」と言及する、検証ドキュメンタリー映画
「LOOSE CHANGE = ルース・チェインジ」が大人気なのをご存知でしょうか?
ディラン・エイブリー青年の作品が世界中で「目から鱗」現象を起こしています。
日本でもようやく10月末にDVD上陸。「無料ネット配信」も決定したとの事。

これを観ると「911映画」の見方も180度変わってしまうかも知れません…。
最新NYタイムズ+CBS調査では16%のみが政府の911発表を忠実に信じています。
「MATRIX」要素のある日本語版・検索語「LOOSEチェンジ」の米国TV紹介は
下記BBSの「9月21日」を。↓ 皆様のNHKも伝えない9月11日のNYデモの動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

何らかの参考になればと。 尚、投稿内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://rose.eek.jp/911/
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs

2006/10/25(水)07:57| URL | White・Rabbit #YmM3ycEw [ 編集]

White・Rabbit さんへ

White・Rabbit さん、はじめまして。
いろいろな情報をありがとうございます。

今ひとつひとつ目を通しましたが、このようなレポートが存在することを全然知りませんでした。
これは絶対テレビでは知ることの出来ない事実。そして、これがもし事実ならとんでもないことで、そうでないことを願わずにはいられません。

「9.11」ではいろいろな情報が錯綜し、周囲でも様々な憶測が飛んでいました。
「9.11」に関係する何かの文字を打ってある法則で変換すると、ツイン・タワーに飛行機が突っ込む絵が現れるなど、とるにたわいのないものですが、しかし今日お知らせいただいたレポートは無視するには存在が大きすぎますね。

アメリカは怖い国と言う認識がますます強まりそうです。
(それに付随している日本って・・・。)

2006/10/25(水)23:53| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://shimapoh.blog55.fc2.com/tb.php/91-fe45d40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワールド・トレード・センター

ワールド・トレード・センターを観た。@一橋ホール。試写会。※ネタばれ注意!

2006/09/28(木)23:39│活きた金の使い方

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。