スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

きみに読む物語

評価  ★★★★★
原題  「THE NOTEBOOK」 
監督  ニック・カサヴェテス
出演  ライアン・ゴズリング / レイチェル・マクアダムス

きみに読む物語
とある療養所に1人で暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)がいる。
老いこそ迎えてはいるが、たたずまいも美しく過ごす彼女はしかし、情熱に生きた過去の思い出全てを失ってしまっている。そんな彼女の元に、定期的に通う初老の男性がいる。デュークと名乗るその男<ジェームズ・ガーナー)は、彼女の気分が比較的よさそうな時を見計らい、物語を読み聞かせているのだ。語られるのは、とある2人の男女の愛の物語であった。



「きみに読む物語」というタイトルを見たときから「これは絶対素敵な映画だ」という予感はありました。そしてその予感は裏切られることは無かったのです。

ノアとアリーの恋物語。アリーが良家の娘であるがゆえに、身分の違いが原因で2人は引き裂かれる。そしてその後2人は別々の人生を歩き出す。しかしノアはただの一度もアリーを忘れることなく、アリーとの昔の約束さえも果たす。そして再会する二人・・・。

このようなあらすじの本をデュークは初老の女性に読み聞かせていくのです。この2人はどのような関係か、見ている側にある種の予感を抱かせながら、映画は過去と現在を行ったり来たりします。
そして物語を読み終わったとき・・。私はやはり泣きました。
デュークはある一つのことだけを願いに、女性に物語を読み聞かせているのです。そしてそれはたった一瞬の願いであることも彼には分かっているのです。


ここからネタバレ


アリーがノアかロンのどちらを選ぶか。その瞬間デュークがノアなのかロンなのか分かります。私は早々ノアだろう、と検討をつけていましたが、それでもノアを選んだこと、記憶を失ったアリーに彼らの物語を読み続けているのはノアだったことに深く感動しました。

「病めるときも、健やかなる時も」。結婚式のこの一言はとても重いと思います。愛するものが自分の記憶をなくし、自分が誰なのかさえ忘れてしまう。こんなつらいことがあるでしょうか。死者は思い出として心に咲きますが、病んでいる人をそのように扱うことはできません。ノアは、どのようなアリーでも愛し続けます。ただ記憶が戻る一瞬のために何度も物語を読み続けるのです。
そしてラストのシーン。私は2人には生きていて欲しかった。だけど、愛を貫くにはああいうラストが相応しいのかもしれません。

「THE NOTEBOOK」。「きみに読む物語」。
邦題が原題を凌ぐ程の素敵なタイトルです。
お互いに愛し愛される。私も夫と2人そうやって行きたいと改めて思いました。




 ポチッ♪
 よろしくデス






きみに読む物語 スタンダード・エディション
きみに読む物語 スタンダード・エディションニコラス・スパークス ジェレミー・レヴェン ジャン・サルディ

ハピネット・ピクチャーズ 2005-09-23
売り上げランキング : 1271
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/ロマンス | コメント(0) | トラックバック(0)2006/03/03(金)20:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。