スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

シン・シティ

評価   ★★☆☆☆
原作   フランク・ミラー
監督   ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー 、クエンティン・タランティーノ
脚本   ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー
音楽   ロバート・ロドリゲス
出演   ブルース・ウィリス 、ミッキー・ローク
     クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ 他
      

PC作品紹介
アメコミ界の鬼才フランク・ミラーの原作を映画化!特別監督にクエンティン・タランティーノをむかえ、新時代アクション超大作を創りあげる!!仮出所中のマーヴ(ミッキー・ローク)は生まれて初めて“天使”を抱いた。屈強な肉体と醜い傷跡が残る顔のせいでプロの女も近づかなかった…そんなマーヴに愛をくれたのは、高級娼婦のゴールディだった。しかし彼女は殺され、その罪をきせられたマーヴ…彼は必ず彼女の敵を討つと誓った。ストリップ・バーで追っ手を迎え撃ち、黒幕を辿っていく…!


予告や広告などのパブリシティを見た瞬間から、その強烈な個性に目が釘付けになる「シン・シティ」 。白と黒の美しい映像美に映える原色、動きあるスタイリッシュなデザイン、主役級の俳優陣と、興味を惹くには十分の要素がそこにあります。

1原作はフランク・ミラーの同名コミック。
ミラーは、「シン・シティ」はおろか彼の著作全ての映画化権を譲渡することを拒んでいましたがロバート・ロドリゲスの熱意に屈し、自らも監督・脚本に名前を連ねるなどの待遇を受け、今回の映画化となったそうです。それくらい、ロドリゲスのこの映画にかける想い・愛情はかなりのものであると想像できるし、実際それが画面からも伝わってきます。数多いアメコミ原作映画の中でも、原作への忠実度は突出しているのではないでしょうか。


そんな「シン・シティ」の世界とは?
愛するオンナと復讐のために己の肉体の限界に挑み、そして命を投げ出す男達。
そんなタフガイに負けないくらい強く、悩殺Bodyにセクシーな衣装を身にまとった女たち。
4シロクロの陰影にビビッドの色調が鮮やかな世界観。
狂気と、暴力と、復讐と、愛情と。
男臭さと、血なまぐささと、エロかっこよさと。
愛しさと、切なさと、心強さと。(ってあれ?)


そのほかにも、一人称で語られるハード・ボイルド的ストーリー展開、特殊メイク、CG、絶妙な俳優陣と、随所に「原作に忠実に。世界観を現実に」との監督の映画にかける執念が伺えます。


そのような映画全編にわたる世界観は「COOL!!」と言うことなのでしょうが、私にとってはあまりにも多くの暴力シーンに「GUROI・・」のヒトコトで。
小腹が減っていたために、DVDを見ながら食べていた、挽肉たっぷりのカレーの喉ごしが確実に変化したような、そんな吐きたい気持ちでいっぱいだったわけで。

そんな私的事情もあいまって、エピソード1で3回くらい挫折しそうになりましたが、何とか完走。見終わった後は、視力が一気に0.5くらい悪くなったような目と頭の疲れを感じてしまいました。

3しかしなにはともあれ、強烈極まりないキャラクターや、独自のストーリー、完成された世界観を、チープにならずに3次元に実現させた手腕はすごい。
そして、シロクロの効果的な演出、一部色を付けるアイディアによるスタイリッシュさも加味された、「COOLな」映像もお見事の一言。
普通の映画だったら浮いてしまうであろう特殊メイクのキャラクター達を、ちゃんと許容できる舞台を作ってしまったことに、ただ感嘆するばかりです。

そして、登場人物が多いことで起きる複雑な人間関係も、スター俳優を起用することや脚本がしっかりしていることで、きちんと整理されていてとても見やすい。


だけど。
残念ながらそれだけなんですよねーー。
あくまでも、見た目重視であるがために、肝心のストーリーが全然面白くない。
原作を読んでいない私は、実は世界観などはどうでもよく、その斬新な映像ですら序盤30分後には飽きてしまった。

戦いの映画のはずなのに、ハラハラしない。
男と女がカッコよく愛を語っても、ドキドキしない。
ただひたすらクールなだけ。
それに、やたら便器に顔をつっこむシーンが多く、勘弁して・・と言う感じでした。


イライジャ唯一、私のおもしろさバロメータの針が動いたのが、イライジャ・ウッドのメガネとその変質っぷり。
彼は妖精さんの顔をしてこの手の役がとても似合う。日本で言うところの藤原竜也ってカンジです。
あとは、「旅するジーンズと16歳の夏」 アレクシス・ブレーデルが出演していたのを見つけたとき。前作の大人しいリーナとは一味違った彼女を見れたのが嬉しかった。


そして、「シン・シティ」とは一体いつの時代なのか?生きる人も、いわゆる普通の人間なのか?
なにぶん情報量が少ないので、見終った後にはかなりの疑問は残るのですが、多少おかしなことがあっても「こういう風にできている!」という有無を言わさない世界観で乗り切ってしまっている。
逆に言うと、きっとその世界観が確立されているだけで、大成功と言えるのでしょうけど。


大成功を収めた後は、当然「シン・シティ2」の製作と言う流れ。
監督も同じだし、出演者もほぼ一緒。
作品全体の雰囲気も掴めたし、正直もういいかなあと言う気がしています。
が、ここで新たなニュース。
何でも、アンジェリーナ・ジョリーが出演を打診されているそうです。
アメコミとアンジー姉さん。
やっぱり、ちょっと見てみたいかも。


そう言えば、「ドラゴン・ボール」の実写版映画化ってどうなった??





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/アクション | コメント(6) | トラックバック(0)2006/08/02(水)00:31

コメント

グロかった

「シン・シティー」は映画館で観てしまいました。
この映画は本当にグロかった!モノクロじゃないと
上映できないですよね。カラーでやったら大事ですよ!ただキャストはすごいと思いましたけど、これは久々に気持ち悪くなりました。
イライジャ・ウッドの役には笑わせてもらいました。
彼は最近変な役が多い様に感じるんですが、心境の
変化でしょうか?

2006/08/02(水)21:15| URL | つよぽん #- [ 編集]

こんにちは。

確かにこれグロいですね。
これカラーならスプラッターホラーになりません?(笑)
出演者のタフさには正直笑えました。
でもこれ何が言いたかったのか正直分かりません。
って何も考えないで観るモノなのかな^^;

2006/08/03(木)10:03| URL | らい #- [ 編集]

つよぽんさんへ

確かに、イライジャ・ウッドって一風変わったおかしな役が多いですよね。
普通に人間役だった「エターナル・サンシャイン」でも下着泥棒でしたし。
フロド役からの脱却のためなのかな?

キャストは本当に豪華でしたね~。
何でも出演依頼が殺到したとか。
次回作はさらに派手になってそう☆

2006/08/03(木)18:37| URL | みやぽー #- [ 編集]

らいさんへ

本当に、カラーだったら当然グロ映画です!
R指定もさらに上がることでしょう。
豪華出演者と言い、これはお祭り映画なんでしょうね。
内容なんて二の次みたいな。
それがアメコミってことなのかなあ?

2006/08/03(木)18:40| URL | みやぽー #- [ 編集]

ドラゴンボールの行方

シン・シティは前評判も含め、見る気がしなかったです。
斬新なスタイルは認めるけど・・・
濃いんだけど・・・

必ず「けど・・・」がつく映画ですな。

ドラゴンボールの行方は気になりますね。絶対に見たいですwピッコロの写真だけは見ましたが、ありゃ妖怪でしたね。

2006/08/04(金)00:54| URL | アジア味噌 #- [ 編集]

アジア味噌さんへ

初コメントをありがとうございます♪

私も、鑑賞中にこの映画を見たことを本気で後悔しました。
それくらいグロかった!

ピッコロが妖怪?!
・・まあ予想の範疇ですね・・。
あくまでギャグですから。
カカロットとかも、きっとスゴイですから。
ある意味楽しみですねv-218

2006/08/04(金)20:02| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。