スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

バタフライ・エフェクト

評価   ★★★★★
監督   エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー
脚本   エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー
出演   アシュトン・カッチャー  /エイミー スマート
     エリック・ストルツ /ウィリアム リー スコット

20060809164907.jpg作品紹介
幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。




タイトルとパッケージからは、まるでサイコ・スリラーの印象を受けてしまう「バタフライ・エフェクト」 。それは、当たらずとも遠からずと言ったところですが、それだけでは終わらない衝撃と感動がこの映画にはある。


「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」
初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出すという意味のカオス理論。

この映画は、愛する人を助けるために、過去に戻って初期条件を変えて未来を変化させるという物語。
しかしその行為は自分や周囲の人生までをも変えてしまう。
変化させた未来には、一体何が待ち受けているのか?
愛する人を救うことはできたのか?


主人公エヴァンの父親は精神病院に入院している。その影響を受けてなのか、エヴァンも幼い頃から度々記憶を失っていた。そこで、医者は治療の一環として日記をつけるよう注意を促す。

この「記憶が度々無くなる」という伏線が絶妙。
エヴァン結局このタイミングでバタフライ効果が発揮されるわけですが、そうなると幼い頃から記憶がなくなっているという事実から、未来のエヴァンが過去に戻るのは「初めから決まっていたこと」になる。
この一見ややこしく、考え出したらドツボに嵌りそうな時間軸を、映画はとても分かりやすく説得力をもってやってのける。
ちりばめられた伏線も絶大な効果となって後からやってくる。

バタフライ効果を発揮するたび変わっていく人生。
愛する人を助けたかと思ったら、自分に災難が降りかかる。
自分の災難を取り除いたと思ったら、今度は愛する人が不幸になっている。
相手の幸せを願いつつも自らの境遇に納得できないエヴァン。
こうしてバタフライ効果は何度も繰り返されるが、しかしそれでも最後には悲しい決断が彼を待っていた。

トミーこの映画の巧いところは、どのエピソードをとっても幸福と不幸のバランスがとれていること。
そして、よく私達が思う、「あの時こうしていたら、未来はどうなっているのか」という疑問の答えを垣間見せてくれること。特にトミーの変化が秀逸。サディストの性質を持つトミーが、バタフライ効果により根本的に変わる様を鮮やかに見せてくれる。
そして変化するたび、見ている側も安心したり、緊張したりと映画に振り回されるように影響されていく。


この先ネタバレです



精神病院に入院しているエヴァンの父親は、よく妄想を口にしたり、突然暴れたりしたのですが、しかしその彼の言動にはちゃんと意味があった。
なぜなら、父親もエヴァンと同じ能力を持っていたから。彼の言動は、全て彼が見てきた未来の出来事に基づいていたから。
ただ周囲の人間はそのような事実と能力が理解できないので、「妄想」という言葉で片付け、その結果精神の病という判断を下してしまう。

父親もきっと様々な結末の未来を見たのでしょう。
その結果、自分は精神病院にいることを選んだ。
きっとそれが、未来への最良の選択だったのです。
己をそのような環境に追い込んでまで守りたかったものとは、一体何だったのでしょうか。

ラストエヴァンの決断とは、それは二人が出会わないこと
自分と出会わなければ、愛する者は幸せになれるという考え。
そこにたどり着くまで彼が見たものは、それ程凄まじいものだった。

そう思うと、ラストシーンの2人があまりにも悲しい。


ところで、この主人公を演じたアシュトン・カッチャー 。
結婚ピープル誌が選出する「世界で最も美しい50人」で、男性部門の1位を誇る人物です。まだ弱冠28歳の精鋭。
最近デミ・ムーアと結婚したことでも話題になっています。
だけどどう見ても、自慢の息子と記念写真を撮ってご満悦のデミの図。これが夫婦って・・。


何はともあれ、こんなに手ごたえがあり、五感が刺激される映画に出会うのも久しぶりです。
全編を通して、肩に力が入りっぱなしの、こぶしも握りっぱなし。
お陰で手なんか血が止まって赤くなってしまいましたが、それに気づいたのだって、最後のエンドロール。
本当にオススメの1作です。



最後に小話で何ですが、つい先日私も記憶を失くしました。
朝目覚めたら、なぜかリビングの床に転がっていた。
昨夜ちゃんとベットで寝たのに、それから何があったんだろう???

そうか。 こういう瞬間に、バタフライ・エフェクトが起きるのか、と納得。



いや、単なる酔っ払いだから。





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/ドラマ | コメント(24) | トラックバック(0)2006/08/11(金)00:04

コメント

自分もこの映画観ました。1度観ただけでは、よくよく理解できませんでした。なのでやはり2回観ました。とても良い映画ですよね。

くれぐれも、お酒の飲みすぎには気をつけて下さい(笑)

2006/08/11(金)06:54| URL | 憲二 #- [ 編集]

そんなに難しい系??みたいな

この映画存在は知ってます。でも皆さんが一度観ただけでは理解不能ならば私は5回観ないと系です!!

私はシックスセンスを映画館で観たんですが最後のオチに全く気づきませんでした(マックスばかです)

ところでデミ様が結婚した相手とは、、、
カッチャンかっこいい~!まさに武勇伝ですね!
彼は全身整形な熟女でも、もうまんたいなんですね。
寛大だ!!でもそんな事さえ感じさせないデミ様の
テクニックがあるんでしょうね。
アデージョな二キータ女なのですね(笑)

ざっつ!はりうっど!!的な話題ですねぇ

私は日々記憶を失ってます

それはタダの痴呆症ですからぁ!!

2006/08/11(金)07:55| URL | かなあみ #- [ 編集]

この映画、DVDだと結末が2つありますね。
どちらの結末も悲しかったです。

もうちょっとやりようあったんじゃ...
ってのがホンネです(笑)

>自慢の息子と記念写真を撮ってご満悦のデミ
笑いました。

2006/08/11(金)10:06| URL | らい #- [ 編集]

憲二さんへ

なんだかミニシアターにしておくのがもったいない作品でした。
だけど、ミニシアターだからできた作品なのでしょうね。
かなり見ごたえ十分でした。

実は、お酒をのんで記憶を亡くしたのは初めてなんです。
とても貴重で不思議な体験でしたv-410

2006/08/11(金)21:03| URL | みやぽー #- [ 編集]

かなあみさんへ

今回も「かなあみさん節」絶好調ですね!
なるほど、まさしく「かっちゃん、かっこいいー!」ですよね(笑)
デミは全身サイボーグ化して、ヒトキワ妖艶さがましたような気がします。
ルミコとケンヤくんにならないと良いのですが。

「シックス・センス」の話もウケましたv-411
あれに気がつかなければ、映画自体「?????」ですよね。
これはおもしろい武勇伝!

2006/08/11(金)21:07| URL | みやぽー #- [ 編集]

らいさんへ

ああ言う場合、やはり二つ結末を用意しているのですね。
本当に、もうちょっとやりようがあっただろうなと私も思います。
あと何回かバタフライを繰り返せば、みんなハッピー!・・にならないか。やっぱり・・。

デミさまは3度目のご結婚で、アシュトンくんは初婚だそうです。
ブールース・ウィルスとタイプが違いすぎて笑えます。

2006/08/11(金)21:13| URL | みやぽー #- [ 編集]

つよぽんさんへ

確かに難しくはありますよね。
私は流されるまま見てしまいました(笑)

最近はめっきり映画のペースが落ちてしまい、記事も実は過去に見たものを思い出して書いてます。
新作を本当はもっとたくさん見たいのですが・・。
「ユナイテッド93」、私もかなり気になる作品です。
今リアルにテロの警戒レベルも上がっているので、映画の注目度は益々高くなるのではないでしょうか。

2006/08/11(金)21:15| URL | みやぽー #- [ 編集]

憲二さんへごめんなさい

せっかくコメントを頂いたのに、おろかなわたしのミスで消してしまいました~v-404
本当にごめんなさい!

  m(_ _)m (汗)

2006/08/11(金)21:26| URL | みやぽー #- [ 編集]

ユナイテッド93観てきましたよ。
とても考えさせられ勉強になる映画です。
ぜひ映画館へ足を運んで観てみて下さい。

2006/08/13(日)21:37| URL | つよぽん #- [ 編集]

関係無いですが

私事ではありますが、、、
ルミルミとケンヤ君は(まだ夫婦の頃の話)羽田空港で見ましたよ~!!
ルミルミは女王様状態でスタッフを引き連れて、ケンヤ君はルミルミの荷物持ちで最後尾をとぼとぼと歩いてました!所詮「君はペット!!」だったのを覚えてます。
ま、それが今の結果なんでしょうがね(笑)

くわばらくわばら~でございます。。。

2006/08/13(日)23:13| URL | かなあみ #- [ 編集]

つよぽんさんへ

文明から離れた山奥にいたため、返信が遅れてごめんなさいデスm(_ _)m

「ユナイテッド93」良かったみたいですね。
大画面でみたら、また迫力がすごいのでしょう!
なんだか、ココロして、襟を正して見に行きたい心境です。

2006/08/16(水)23:09| URL | みやぽー #- [ 編集]

かなあみさんへ

人里はなれた山奥にいたため返信がおくれてごめんなさいデス m(_ _)m

生ルミルミとケンヤくんを見ましたか!
やはりそのような主従関係だったのですね・・。
ケンヤくんは今は自由を満喫していることでしょうね。
ブラウン管での露出は確実に減りましたけど・・v-395
ま、年下の美形のダンナを持つと、いろいろ大変ですよね(笑)

2006/08/16(水)23:14| URL | みやぽー #- [ 編集]

初めまして!!

mixiの足跡たどってやってきましたv-237triiyと言いますv-7
この映画、Ashtonが彼女の幸せを求める過程を映画通してずーっと見てる分、最後がすっごい切ないですよねv-159v-159
でも、コメディAshtonに見慣れてる分、この映画の彼は新鮮でした☆
また遊びにこさせてもらいますねっ!!

2006/08/21(月)23:02| URL | triiy #- [ 編集]

triiy さんへ

はじめまして♪
ご訪問&コメントをありがとうございますv-411

そうなんですよね。ラストのすれ違うシーンが切ない・・。
声をかけて初めからやり直せばいいのにって思ってしまいましたv-409
だけどそうならなかったのが、この映画の良い部分だったのかな。
私はこの映画で初めてアシュトンくんを見たので、今度はコメディな彼を見てみたいです。
あの美形でコメディとは、どのようなカンジなんだろう・・。

2006/08/22(火)01:19| URL | みやぽー #- [ 編集]

オススメですよー!!

Ashton初めてだったんですねv-237
彼はコメディドラマで人気が出たので(That 70's Showってドラマに出演してました)、コメディな彼もオススメですよー♪♪
映画では「ジャスト・マリッジ」しか見た事ないんですが…汗

2006/08/26(土)01:22| URL | triiy #- [ 編集]

triiy さんへ

彼はもとはモデルだったのですよね。
コメディからとは意外でした。
デミもこんなかっこよい旦那さまで、自慢でしょうね。
ブルース・ウィルスと全く違うのが笑えますが(笑)

「ジャスト・マリッジ」のアシュトンが見てみたい!

2006/08/27(日)21:56| URL | みやぽー #- [ 編集]

あの映画はせつねぇぇぇ

こんちゃ!足跡から登場エジです。

映画好きですね~いいね~いいね~。

この映画はせつないね。。。あれぞ、愛って感じがひしひしと伝わってきましたから。

ってことで、よろsick★

2006/09/04(月)23:52| URL | eji #- [ 編集]

eji さんへ

はじめまして♪
コメントをありがとうございます。

本当に、せつな過ぎますv-406
ラストのすれ違って、一瞬振り向く瞬間が感動でした。
私だったら、何回も巧くいくまでチャレンジしちゃうだろうな~。

これからもよろしくお願いします♪(^-^)b

2006/09/05(火)22:45| URL | みやぽー #- [ 編集]

僕はこの映画半年くらい前にDVDで見ました。

特典映像でラストシーンが3つくらいあったのを覚えていますが、本編に使用されているラストシーンがダントツで良かったと思います。

別のラストシーンではこの映画が言いたいことがはっきり伝わらず、今までのシーンが無駄になってしまうようなものもありました。解説でも話されてましたが・・・。笑

P・S 
ユナイテッド93見られましたか?
僕は映画館で号泣でした↓
人前であんなに泣いてしまったのは高校野球の最後の試合以来2度目です。笑

僕はノンフィクションに弱いですv-12

クラッシュなかなか良かったですよ!話の作りが好きでした☆

相変わらずマッド・ディロンのキャラは僕に不快感を与えますが、最近ではそんな演技ができる彼にすごみを感じてきましたv-14

2006/09/22(金)00:56| URL | h.p. #- [ 編集]

h.pさんへ

h.pさん、お久しぶりです♪
私もDVDでの鑑賞だったので、やっぱりラストは本編が一番だと思いました。
ラストは悲しいですが、その分余韻が残ってじんときます。

「ユナイテッド93」はまだ見ていません・・。
非常に気になってはいるのですが、ノンフィクションなだけにイマイチ決心が付かないというか・・。
どうやら先に、「ワールド・トレード・センター」を見ることになりそうです。
私もノン・フィクションにはとても弱いです・・。

「クラッシュ」はかなり評判が良いみたいですね!
もう、見たい映画がありすぎて時間が足りません・・。
今一番欲しいのは、ポータブル・DVDプレーヤー(笑)
移動時間で見れたら最高ですが、それは映画に対する冒涜になるのかな(笑)

2006/09/23(土)02:23| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

お久しぶりです♪
ユナイテッド93は確かに見る決心はつきにくい映画ですね・・・

ストーリーはみんなが知ってるし、しかも辛い最期が来るってこともわかってますしね。

劇場でも僕より若そうな子達は「はずれやったなぁ」とか言ってる子もいたんで、ほんま観る人によって、だいぶ評価が変わると思います。

「ワールド・トレード・センター」はストーリー的にもスポットのあてどころにしても面白い映画になってそうなので、僕もみたいです。

ポータブルDVDいいと思いますよ↑

僕も暇な時間があれば、どこでも映画見てたいです♪

とぎれとぎれで見るのはちょっといやですが・・・笑

2006/09/23(土)21:38| URL | h.p. #- [ 編集]

h.p.さんへ

そうなんですよね。
結末が悲劇と分かっているだけに、なんだか見にいけないというか・・。
つくりが丁寧で、真剣に製作していることは分かるのですけど・・。
でも、絶対みたい作品ではあるのです。
どうやらDVDの勢いだなあ。

>僕も暇な時間があれば、どこでも映画見てたいです♪

私もそうなんです♪
途切れ途切れはNGですよね(^-^;)
安く売ってないかなあ。

2006/09/24(日)21:21| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

やっと見た!

みやぽーちゃんの批評を読んでからずっと見ようと思ってたのに何度もWOWOWの録画に失敗し、見れなかったので結局TUSTAYAにお世話になってやっと見ました。

なかなか面白かったですね。
ただ、かなり冷静に見てしまって感動とかそういう類のものは生まれなかったけれど、発想が面白いな、と。
「二人は出会う運命だった」
みたいな映画は多いけど
「二人は出会うべきでない運命だった」みたいなラストがいたく気に入りました。

2007/05/17(木)12:04| URL | みおぽん #9fn0MV6o [ 編集]

みおぽんちゃんへ

そうなんです!
『出会わない運命』と言う結末に私もすごく思うところがありました。
最後のシーンが切なかったなあ。
もう一つの結末より、全然よかったと思います。

ところで、同じようなタイムスリップもので『時をかける少女』と言うのがあるのだけど、超オススメです!
近々レビューします音符

2007/05/17(木)23:31| URL | みやぽー #3U6GauWE [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。