スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

推定無罪

評価  ★★★★☆
原作  「PRESUMED INNOCENT」スコット・トゥロー
監督  アラン・J・パクラ 
音楽  ジョン・ウィリアムズ
出演  ハリソン・フォード  ボニー・ベデリア  ラウル・ジュリア  ジョン・スペンサー


20060705165750.jpg
作品紹介
エリート検事のラスティが、殺人事件に巻き込まれた。被害者はラスティと愛人関係にあった女性検事補。捜査の結果、彼に次々と不利な証拠が現れていく。ラスティはあくまで無実を訴えるが……。現役弁護士でもあるS・トゥローの同名ベストセラー小説を映画化した法廷サスペンス。





フー&ホワイダニットの良作法廷ミステリー。

ハリソン・フォード扮する主人公ラスティーが、同僚であり不倫相手の殺人容疑で逮捕され裁判となる。そこへいろいろな人間模様が重なり合い、衝撃の事実が明かされる。果たして、ラスティーは有罪なのか、それとも無罪なのか。

これがこの映画の大体の大筋。
衝撃ミステリーとして有名であるこの作品、そのため私はありとあらゆる設定(犯人 - やっぱりラスティ   対抗 - 顔的にボス   大穴 - なんか怪しい裁判官 などのいくつかのパターン)を想定し、「 眠りの小五郎 」ばりの根拠のない推理を展開してラストの衝撃シーンに備えたにもかかわらず、やっぱりラストは少なからず衝撃を受けてしました。
こういう巧く映画に騙されたときの快感ってなかなか得がたいもの。今までどれだけ「衝撃のラスト」と言う文字に騙されたか分からないけど、それだけに「当たり」に出会ったときの喜びは筆舌につくせないものがあります。これだからミステリーは止められない。

原作はスコット・トゥローのベストセラー「PRESUMED INNOCENT」 。和訳も「推定無罪」 と何のひねりも魅力もないけれど、まあこの映画においては妥当だと思われます。
原作のあるミステリーものを映画化するときはいつもそうなのですが、時間内に収めることと文章を映像化することがやはり難しいために、どうしても映画には情報量が少なくなりがちです。そのため、突然唐突な展開になったり、登場人物たちが勝手に納得してストーリーを進めていくため、観客が置いてきぼりになったりする傾向は多々あります。
「推定無罪」もそのパターンで、多分原作を読めば「なるほど」と納得できるシーンも「どうして?」の連続のため、判決に至るまでのおもしろさを十分に堪能することはできなかったのが残念でした。だけど、この映画の見せ場はあくまでもラストシーン。そう割り切った映画のつくり方は、ある意味正しかったのでしょう。

そして、音楽は巨匠ジョン・ウィリアムズ 。
「スター・ウォーズ」エピソードシリーズに通じるテーマを展開し、映画を静かに、だけど盛り立たせているあたりはやはり熟練。この人は、何のジャンルでもこなせる本当の偉人です。

しかし、美人とは恐ろしい。特に、野心を持ち頭の切れる美人ほど怖いものは無い。
この映画には権力を持った男性が多く出てくるのですが、この女性にかかればみんな骨抜きになってしまう。ハリソンも例に違わず骨抜きにされ、しかも捨てられ、未練たっぷりに恥も無く追いかけ回す。しかもその火遊びはハリソンの妻にもばっちり知られる程の不甲斐なさで、それはもう飲んだら乗るな」「やるならバレるな」と標語を言いたいくらいで、今度は「妻を傷つけた」と額のしわをより深く刻み、終始情けない悩める男に成り下がっています。何もかもは自業自得なんですけど・・・と、家族は本当にいい迷惑。

ところで、ハリソン・フォードはやっぱり家族を守ったり、上手に逃げ回ったりとアクション要素の強い映画に出演したほうがよさそうですね。前から彼の演技力には疑問を持っていたのですが、今回で疑惑が確信に変わりました。第一表情ってものがないので、内面を表す演技には向いてなさそうです。同じ状況の役でも、「真実の行方」を演じたエドワード・ノートンの演技力は圧倒的だった。

なにはともあれ、全てはラスト12分に凝縮されています。
この12分をお楽しみあれ!


家宅捜査はしっかりとね






 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/ミステリー | コメント(9) | トラックバック(0)2006/07/05(水)17:05

コメント

懐かしい映画ですね!
といっても実はまだ観てないんです。
ラストはすごいどんでん返しなんですか?
最後に何か仕掛けがある映画はすごくドキドキしながら観てしまうんで好きですね。

2006/07/06(木)21:11| URL | つよぽん #- [ 編集]

イッツsoです。
家宅捜査です(笑)
昔見たときは衝撃だったように思います。
映画って見た日や年齢やいろいろでいろいろ変わりますね。
音楽がジョン・ウィリアムズとは知らなんだ~

2006/07/07(金)06:36| URL | ちいろ #- [ 編集]

>つよぽんさんへ

1990年の映画なので、ハリソンフォードも若い若いv-22
「衝撃のラスト」というカテゴリーでよく紹介をされている映画なので、ずっと気にはなっていたのですが、だけど何の前知識無しに見たらもっと驚いただろうな、という気がします。だけど紹介されなかったら、題名も硬いし、きっと見ることのなかった映画でしょうね(笑)
ちなみに、ラストはどんでん返しです。機会があればぜひ!

2006/07/07(金)19:06| URL | みやぽー #- [ 編集]

>ちいろさま

初コメントをありがとうデスv-344
そうなんです、サントラは偉大なるジョンおじさまだったのです!このようなミステリもので?と意外な感じはしたけれど、やはり巨匠、素敵なサウンドでした。
いつまでもお元気でいてほしいものです。

2006/07/07(金)19:12| URL | みやぽー #- [ 編集]

こんにちは、ミクからやってきました、らいです。

これいいですね。
昨年からこういった映画が気に入ってしまい、観まくりましたよ。
最後にやられた!って感じがたまらなく好きです。

ちなみに私、根が単純だからすぐ引っかかっちゃいます。ほぼ完璧に(笑)

2006/07/11(火)11:28| URL | らい #- [ 編集]

法廷モノでオススメあります。もう観ていたらスルーしてください。

評価は分かれますが私は大好きです。
好きな俳優勢揃いだったこともあるのですが、内容に拍手。

「評決のとき」
マシュー・マコーヒー/サンドラ・ブロック/サミュエル・L.ジャクソン/ドナルド・サザーランド/キーファー・サザーランド/アシュレー・ジャド

白人vs黒人の社会問題の中で正義を貫いた新米弁護士のジェイク(マシュー・マコーヒー)
圧倒的に不利な裁判で彼が見せた最終弁論とは...

気になりますか?


「告発」
クリスチャン・スレーター/ケビン・ベーコン/ゲイリー・オールドマン

アルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実話を映画化したモノです。
死刑囚ヘンリー(ケビン・ベーコン)の弁護を任された若手弁護士のジェームズ(クリスチャン・スレーター)

ヘンリーの取り調べをしていくうちに、彼の殺人に疑問を抱き真実をつきとめ、逆に刑務所を告発する。

ケビン・ベーコン演技最高でした。
ゲイリー・オールドマンのキレた刑務所長役もまた見事です。

2006/07/12(水)22:39| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

おっと!これにはコメント返しをするのを忘れていました(苦笑)
すみません。

私も一時期このようなどんでんがえしモノに嵌っていて、かたっぱしから見ていました。そうなると、どんどん見方が斜に構えてきてしまい(この役でこの俳優だから犯人だな?みたいな)、作品のおもしろさも半減しがちだったのですが、「推定無罪」はなかなか楽しめました。

らいさんオススメ「告発」「評決のとき」も見たことがありません。衝撃作品が見たくなったら、見てみます!

しかし、らいさんもよく映画を見てますね~(^-^)

2006/07/13(木)00:12| URL | みやぽー #- [ 編集]

法廷モノ

本当に懐かしい映画ですね(笑
昔見た記憶がありますが。。。

ハリソン・フォードの法廷モノはレアですよね。

>「真実の行方」を演じたエドワード・ノートンの演技力は圧倒的だった

同感!!
完全に彼が主演を食ってしまった映画ですね。

告発、評決の時はとっても良い映画ですよ~
自分も法廷モノの中ではかなりの上位ランクです♪

2006/07/20(木)15:18| URL | クリオネ #OARS9n6I [ 編集]

クリオネさんへ

なんせ1990年モノですから(笑)
なぜか急にふらっ・・と見たくなりました。

「告発」「評決の時」は見たことありません。
まだまだ良作ミステリーが眠っているかと思うと、なんだかワクワクしてきます!
またツタヤの日に借りて来ようかな。
オススメ、ありがとうございました♪

2006/07/20(木)21:25| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。