スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ALWAYS 三丁目の夕日

評価   ★★★★★
監督   山崎 貴
音楽   佐藤 直紀
出演   吉岡秀隆/堤真一/ 小雪


オールウェーズ作品紹介
昭和33年。東京タワーが完成するこの年。
夕日町三丁目に住む鈴木オートの主人(堤真一)とその向かいの駄菓子や茶川(吉岡秀隆)は何かと反発しあう仲。そんな折、鈴木オートには集団就職のため六子(掘北真希)がやってくるが、大企業を夢見ていた六子は小さな鈴木オートにがっかりする。しかし、次第に家族のように生活を始める鈴木オート。その頃、茶側のところには憧れの飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)に頼まれ淳之介(須賀健太)という子供を預かることに。気ままな一人暮らしだった茶側は淳之介が邪魔でしかたがない。しかし、一緒に生活していくうちに二人の間には親子に似た感情が芽生える。ヒロミとも気持ちを通わせて、3人で家族のような幸せなときを過ごす茶川。だが、そんな彼の大切な人が去っていく時が、刻一刻と近づいてきていたのだった。




開始早々3分で泣いたという最短記録を持つ映画です。
「何も始まっていないじゃないか?!」とお思いでしょうが、冒頭の3人の少年がおもちゃのプロペラ飛行機を空に向かって投げるシーンに、テーマ曲のサビがかぶさった瞬間「号泣」です。「涙」なんてやさしいものではありません。「ああ、やばい・・」と心配したとおり、上映時間2時間13分の間に泣き崩れ、終いには映画が終わっても泣き止まないという、自分でもどうにもならない現象を起こしてしまいました。

アメリカには「古き良き時代」という言葉がありますが、「昭和」がその言葉に当てはまるというのを今回改めて気づきました。昭和30年は戦争が終わってまだ10年で、国も人も生活も新しい兆しを見せながら混乱に満ちていた、決して豊かではない発展途上の時期です。でもだからこそ、「人情」という言葉が活きてきて、「古き良き・・」というフレーズがとても似合うのです。

今回この映画に登場する人たちもまさに「古き良き」人々。
みんな一生懸命で、人情に厚くて、時にはお人よし。これから来るであろう新しい時代に向けて精一杯生きています。「冷蔵庫が来た」と言えば顔を突っ込んだり、「テレビが来た」と言えばご近所みんなが集まったりと、便利な今を生きる私たちに「ああ、この頃の生活っていいなあ」と思わせるほど、みんな楽しく生活をしているのです。そして、いつもみんな誰かの為にがんばっている。そこに私の涙の理由があったのかもしれません。

俳優さんたちも、実際の自分のキャラクターに似た役を演じていたためか、とても活き活きしていてとても素敵でした。やはり一番のお気に入りは吉岡さんかな。彼の意外なコメディセンスを見て、大いに笑わせてもらいました。掘北真希もすごく光ってました。この映画で要チェックされた方は多いのではないでしょうか。あと、子供たちの演技もよかったです。特に淳之介役の子にはずいぶん泣かされました。昔、「映画に子供と老人と動物を使うのはルール違反だッ」という怒れる友達がいましたが、なんだか分かる気がします。だって、一つの感動エピソードが5倍以上に膨れ上がってしまうのですから(笑)

そして、この映画には「映画の今後を考える」という楽しみがあります。「鈴木オート」はあの自動車メーカーの「SUZUKI」になるんじゃないか?!」とか、「淳之介ってあの『吉行淳之介』になるんじゃない?!」とか。映画が終わってもまだ続くような、キャラクターは生きているようなそんな余韻が残るのです。

映画の音楽もとても良かったです。公開されるや否や、とたんにテレビでも頻繁に耳にするようになりました。聞くだけでところ構わず泣けてくるのですから、ホント困りモノです。作曲者は佐藤直紀さん。残念ながらまだ「ALWAYS」以外の作品は拝見したことはありませんが、今後要チェックの作曲家です。

この映画は映画館で見るにしても家で見るにしても、誰かと一緒に見たら3倍楽しめる映画だと思います。だって、見終わって言いたくなること、たくさんだもの。昭和30年代を生きてきた人は回想に余念がないでしょうし、生きてない人でも「あんな時代っていいね」って言える人がほしい。一人で感動を消化するのはもったいないです。

念入りに造られた舞台セット、CGを駆使しての昭和の再現、配役たちの好演。何をとっても手を抜いていない、本当に本当に素敵な映画です。

<追記> 本日行われた「日本アカデミー大賞」で「ALWAYS 三丁目の夕日」は12部門受賞していました。おめでとうございます!





 ポチッ♪
 よろしくデス






ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆

バップ 2006-06-09
売り上げランキング : 117
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(10) | トラックバック(2)2006/03/03(金)13:14

コメント

はじめまして♪

こんにちは。私もALwaysは大好きですで、かなり泣きました。先日の日本アカデミー賞では12部門受賞とすごかったですね!私は堤真一さんファンなので助演男優賞、自分のことのようにうれしかったです。
ブログをみましたが、みやぽーさんと私の好きな映画が似ているので嬉しかったです。また遊びにきますe-265

2006/03/06(月)11:10| URL | kyoko #- [ 編集]

>kyokoさん

はじめまして。ご訪問有難うございます!今後も宜しくお願いしますね。
kyokoさんと映画の趣味が似ているそうで。自分の好きな映画に同調されると本当にうれしくなってしまいます♪また今後もいろいろUPしていく予定なので宜しくお願いしますね。

2006/03/08(水)00:46| URL | みやぽー #- [ 編集]

これ周りの友人達からも評判良いみたいですので今度観てみます。なんか感動モノみたいですね。ちょっと楽しみ。

実は私あまり邦画を観ないのです。観てもお笑い系?ですかね。
踊る大捜査線とかみんなのいえとかトラック野郎とか。(笑)

ついでにまた個人的オススメあげておきますね。
「熱海殺人事件」
かなり古いですが、当時スタートから笑いっぱなしでした。でも今笑えるかどうか分からないので今度借りてみます。

2006/07/28(金)22:34| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

これはかなりオススメです。
ぜひシリーズ化してほしいくらいです。
忙しい日常で忘れていたことを思い出させてくれるような、そんな気持ちになりました。
映画館では、実際に昭和30年を生きた人たちが、懐かしそうに談笑しているのが印象的でした。

2006/07/30(日)20:58| URL | みやぽー #- [ 編集]

テレビで見ました

すごい好き。
次回作が来年に公開です。
今度は絶対映画館にいくつもり。v-10

2006/12/02(土)23:24| URL | ふくちゃん #- [ 編集]

ふくちゃんさんへ

♪いいな、いいな~、にーんげんっていいなー。
って歌いたくなるくらい、人情味溢れた映画でしたよね~。
また茶川さんが良くて良くて・・・。

映画館で、お隣のおばさん達が「これやった」「あれ、あった」と楽しげに言いながら映画を見ていたのが印象的でした。

私も来年また映画館にいくぞー!!!

2006/12/05(火)00:36| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

続編が楽しみ!

こんにちは、みやぽーさん。

この映画はホントに良かった。感動しました。昨今、邦画もいい映画が本当に増えましたね。
もっともっとこういう映画作って欲しいですね。

続編が11月に公開予定なので、今から楽しみですね。
最初、全然続編を作る予定じゃなかったみたいで、小道具等をすべて返却してしまっていて、探すのに大層手間がかかったそうです。

こういうセットとかは是非保存して欲しいですね!
先日、地元の博物館で「昭和のなつかし博覧会」というのがありまして、この映画思い出しました。
みやぽーさんのおっしゃるとおり、古きよき時代ってここにあったんですね~

2007/04/03(火)17:54| URL | ケビン #- [ 編集]

ケビンさんへ

そうなんですよね!!
続編ができるのは本当に嬉しい!(^▽^)

>最初、全然続編を作る予定じゃなかったみたいで、小道具等をすべて返却してしまっていて、探すのに大層手間がかかったそうです。

そうだったんですか!
続編は後から出てきたアイディアだったのですね。小道具も相当凝っていたから見ごたえがとてもありました。冷蔵庫とか、車とか・・。
キャストも同じだし、かなり期待をしています。続編は面白くない・・と言うジンクスを見事打ち破ってほしいです。

東京タワーも出来たことですし、今度はどんなストーリーになるのかな。
ワクワク♪

2007/04/03(火)23:17| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

これもやっと

ちょっと前に観ました。(おそっっ!!ですね)

私は性格がひねくれているので泣きませんでした。
でもやっぱり懐かしい感じは凄く伝わってきました。
歳のせいでしょう。。。。。(遠い眼・・・・・)

でも出演者さんのせいか、、、泣くのが上手な子役の男の子は実は性格が可愛くないのを以前トーク番組でみているのできっと
学校ではいじめられてるんだろうがこの子は「ふんっっ!
ガキどもが・・・」な~んてかわしているんだろうなぁと・・
でも「な~ぽりた~ん」なんて歌ってるからどぉなの???

と思ってしまったり

吉岡君私生活どぉなの???
何故すぐに共演者さんをマジ惚れするの???一つ屋根の下の末っ子役の子とどっちが共演者キラーなの??

やっぱり子役からやってると女優さんのツボを心得てるのかしら??とか何故いつも同じ様な役しかしないんだろう。。。
彼のはっちゃけた芝居が観て見たい。でもドクターコトーのオトボケがいっぱいいっぱいなの??とか

そしてこの映画の最後の方で小雪さんはキャバ嬢になったの??もしくはストリッパー?・?とか・・・・

あ~~~~なんて邪道な私・・・・

この映画違う角度で深い・・・・・・と又遠い眼差し・・・・

頑張れ薬師丸さん!堀北ちゃん!!!と・・・・まとめます。

そしていつも綺麗な文章で文をまとめてるみやぽーさんに
感動です。どんな映画も優しい突っ込みで、、きっとホントにいい人なんでしょうねぇ・・・またまた遠い眼差し・・・

2007/07/20(金)08:50| URL | かなあみ #- [ 編集]

かなあみさんへ

またまた返信が大分遅くなりごめんなさい!(←何回目?)

あの男の子、性格が悪いのですか?それは残念~。
よっくテレビや映画に出ているそのイメージで、素朴な子なのかと思っていたけど・・まあそんなことは芸能界に居る限り有り得ないのでしょう。ちっ、また騙された。

吉岡さんは、あの純朴キャラを利用していると私は踏んでおります。いかにもイイ人じゃないですか?怪しい・・・。マスコミの友人は『遊んでいるみたいよ?』といっていましたし。(芸能人なんてみんな嘘ばっかだ)

>そしていつも綺麗な文章で文をまとめてるみやぽーさんに感動です。

それはきっと、この記事がまだブログを始めて間もないころに書いたものだからでしょう(笑)
最近は毒大目?な自分に気づきはじめています(笑)
もっと言いたいことが書ければ良いのですけどね~。
難しい。

2007/07/23(月)17:13| URL | みやぽー #3U6GauWE [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://shimapoh.blog55.fc2.com/tb.php/6-e187624e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★★★★☆ ALWAYS 三丁目の夕日

”心配させんなよ、お前とは縁もゆかりもないんだからな”CGの使い方が絶妙です。うまくはいえませんが...あと、ネーミングも絶妙です。鈴木オートとか茶川竜之介とか。宅間

2006/05/16(火)21:43│シネマカブレ

ALWAYS 3丁目の夕日

ALWAYS 3丁目の夕日を観た。@ギンレイホールとにかく感動した!一人で観てたらたぶん号泣してたと思う。人間て温かいな。いいな。と思える映画。昭和30年代のノスタルジックな雰囲気もすごくいい。親の子を思う

2006/08/04(金)12:50│活きた金の使い方

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。