スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

きいてほしいの、あたしのこと

評価   ★★★★☆
原作   『Because of Winn-Dixie』ケイト・ディカミロ 
監督   ウェイン・ワン
出演   アンナソフィア・ロブ  ジェフ・ダニエルズ


PC作品紹介
3歳の時に母親に家出され、父親と2人でフロリダ郊外に引っ越してきた10歳の少女オパール。彼女はある日、スーパーで一匹の野良犬と出会った。その犬を一目で気に入った彼女は、スーパーの店名にちなんでウィン・ディキシーと名付け飼うことに。ウィン・ディキシーはなんと、笑顔をみせることと人の話に耳を傾けることができた。そのおかげで、オパールは明るさを取り戻し、周囲の人々や、さらに父の心まで解きほぐされていく。





とにかく犬好きにはたまらない映画。
だって、わんちゃんがニコって笑うんです。
ついに私も「萌え」デビューですよ。大人の階段だって2段跳び。
もう、「マリンちゃん」です。

とまあ頭のおネジが緩くなるくらい、かわいいわんちゃんウィン・ディキシー。ちなみにウィン・ディキシーはアメリカのスーパーの名前。これは主人公オパールが初めてわんちゃんに出会った場所にちなんでつけたもの。きっと日本だったらイオン・ジャスコです。あんまりです。

ところで、単に犬が可愛いだけの映画かと思ったら、1人の孤独な少女オパールがウィン・ディキシーを介してお父さんや町の人とココロを通わせていくという温かい物語。知り合う町の人も何かしら問題を抱えていて、オパールと知り合うことでココロのピースを埋めていきます。
原作は児童小説だそうで、そのせいか全体的にとてもゆったり雰囲気。これと言った大きな起伏はないので、起承転結を求める人には合わない映画かもしれません。

絵本だけど、わんちゃんがかわいいから、いーんです

登場人物も基本的にみんな良い人。だけど、たまに何でこの人がここでこんなことを言う?みたいなキャラ立ちしていないちぐはぐさと、ストーリーのワキの甘さを感じたりもします。

だけど、わんちゃんがかわいいから、いーんです


要するに、ワキが甘かろうと私はこの映画がとても好きなのです。
自分の幼い頃を思い出すような、心の奥底で忘れていたものが目を覚ますような、そんな懐かしさを覚えます。子供は子供でいろいろ悩んでいたなあって。何に対しても無防備で一生懸命だったなあって。いつの間にそんなことを忘れてしまったのでしょうね。

オパールとウィン・ディキシーところで、この可愛い少女オパール。どこかで見たと思ったら、 「チャーリーとチョコレート工場」のガムを噛んでいた、そして最後には体が膨らんじゃったあの少女、アンナソフィア・ロブ。全然雰囲気が違うんでびっくりしてしまいました。
昔やっていたハウス名作劇場の『愛少女 ポリアンナ』みたいに、今回はとてもまっすぐで、明るくて、そしてかわいい「幸せ配達人」を演じています。


それにしても、すっかりウィン・ディキシーで癒されました。
それと同時に、「犬を飼いたい病」が再発してしまいました。
今ペットショップに行って子犬を抱いたら、即アウト。当分近づかないようにしよう。

ご近所さんに叱られるから、アイボでも飼おうかな。旧式アイボが欲しいな。



「マイカル・サティ」と言う名も捨て難い






 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(14) | トラックバック(0)2006/07/12(水)23:58

コメント

初めて見るタイトルの映画です。
たまにはこうゆう映画観るのも
いいかもしれないですね!
それにしてもいろんなジャンルの映画を観てますね。

2006/07/13(木)21:41| URL | つよぽん #- [ 編集]

つよぽんさんへ

牧歌的なほっこり和み系です。
犬好きであれば特に楽しめること請け合い。

>それにしてもいろんなジャンルの映画を観てますね。
そんなことなくて、エロ・グロ・アクション・戦争ものはだめなんです。その他はわりとみてるかな。
最近はシロクロ映画やヨーロッパ映画にはまり中です。

2006/07/13(木)23:19| URL | みやぽー #- [ 編集]

題名でしたか~(笑)

お題を読んでみやぽーさんの事かと思ってしまいました!!(笑)
映画のお題だったのですねぇ~。
ホントラブリー系の香りが漂う感じですねぇ
私も犬か猫かって言ったら断然犬系ですので(猫アレルギー持ちなんです。嫌いじゃないのに身体が拒否反応を起こします。呼吸困難に陥ります(笑))

そして戌年なので、、、
子供の頃に犬には追っかけられたり、私の腿にあの鋭い爪を差し込まれても(穴があくほど)全く嫌いにならなかったですねぇ。。。
犬が怒って追いかけてくるのを私の頭の中ではお花畑を追いかけっこするバカップルのイメージに切り替えられていたりして。。。勿論セリフは
「あははははは!!待て~!!」
「うふふふふ!私を捕まえられるものなら捕まえてごらんなさい」
「よ~し君を捕まえたらもぉ二度とその手を離さないぞ~」
「きゃはははは。。。」



みたいな。。。。。。。

そんなアホ小学生でした。

私も犬は飼ってみたかったですけど死なれたら、、、
想像しただけでも耐えられないので飼えません。。


みやぽーさんがイオングループで来たので、、、

じゃぁヨーカドーグループで、、、、、

ってそんな話じゃないですよね!

でも犬。。。。。。。いいですねぇ。。。。。

私はパグが大好きです。

2006/07/14(金)11:02| URL | かなあみ #- [ 編集]

ほんと、てっきりみやぽーさんの事かと思っちゃいました(笑)
みやぽーさんの観た映画は全て観てみたくなっていまいますね。そんな力がみやぽーさんにはあるような感じがします。

2006/07/14(金)20:00| URL | 憲二 #- [ 編集]

かなあみさんへ

(笑)
私も「きいてほしいの」っていつでも思ってマス(笑)

それにしても、「あははは~」「うふふふ~」ですか(大爆笑!)
そこは、まるで、ユートピア。
美しい光景が目に浮かぶようです。

私はよく犬を無駄にかわいがり過ぎて、必ず嫌われるタチでした。ムツゴロウさんの真似しては、噛まれていました。そして犬の舎弟と化してました。
それでも、やっぱり犬が好き!
今はトイ・プードルが飼いたいです。

それにしても、そんなにひどい猫アレルギーとは、かわいそう・・・。

2006/07/14(金)20:38| URL | みやぽー #- [ 編集]

アクション映画もいいですよ!

アクション映画はハラハラドキドキできて面白いですよ。スリルが味わえます。
「クリムゾン・タイド」というデンゼル・ワシントンの潜水艦の映画があります。すごく緊迫感があって
オススメの一本です。
この映画を観て海上自衛隊に入隊してしまいました。
それほど心を動かしてくれる映画です。
ただグロ系の映画は私もかなり苦手です。

2006/07/14(金)20:49| URL | つよぽん #- [ 編集]

憲二さんへ

初コメントをありがとうございます(ぺこり)
まぎらわしいタイトルでしたね(笑)
かなりかわいく自己主張しているような。

>みやぽーさんの観た映画は全て観てみたくなっていまいますね。そんな力がみやぽーさんにはあるような感じがします。

なんと嬉しいことを言ってくださる(涙)
これからの活力になります。
でも苦手ない映画には、辛口だったりするんです(苦笑)
お見逃しくださいませv-435

2006/07/14(金)21:10| URL | みやぽー #- [ 編集]

つよぽんさんへ

おお!
つよぽんさんは「海猿」じゃないですか!!
そのきっかけが映画なんて、すごい運命の出会いだったのですね・・(感動)
映画で人生が変わることも、決まることもある。
やっぱり、映画っていいですね。

アクション・・・。
ひ、人がバタバタ死なないものならなんとか・・・(笑)

でも、その「クリムゾン・タイド」は見てみたい。
だって、つよぽんさんがそこまで思った映画ですから。

2006/07/14(金)21:15| URL | みやぽー #- [ 編集]

残念ながら

「海猿」は海上保安庁という組織で自衛隊じゃないんです。
映画は確かに人生を変えてくれるとても素晴らしい
文化です。映画を観て感動したり泣いたりしたり
人の心を揺さぶらしてくれますから本当に映画はいいですよね。
「クリムゾン・タイド」は人はバタバタ死なないから
大丈夫ですよ。

2006/07/14(金)21:41| URL | つよぽん #- [ 編集]

ネーミングセンス

小学生時代の2年間ほど、ビーグル犬を飼ってました。生後2週間の彼女が我が家にやってきた日は夏のむし暑い日でした。夕方に雷を伴った夕立が降り出し、ゴロゴロピッカーン!と雷鳴が轟くたびに私の勉強机の下に逃げ込みブルブル震えていたのを思い出します。当時そんな言葉はありませんでしたが「萌えー」でしたよv-10
ところで、そのビーグル犬の名前を私は「チッチ」と名付けてしまいました。今でももっとカッチョイイ名前にしてあげたらと悔やまれてなりません。チッチがいなくなって以来犬は飼ってませんが、こういう映画を観てしまうと飼いたくなる気持ちは非常にわかります。

2006/07/15(土)11:51| URL | 加納ソルト #- [ 編集]

>つよぽんさんへ

>「海猿」は海上保安庁という組織で自衛隊じゃないんです。

む。
「海猿」を見たことが無いこと、知識の乏しいことを露呈してしまいましたv-12

私も「耳をすませば」で音楽への道に進もう!と改めて決意し音大へ行ったものです。
あの映画に出会わなかったら、どうしていたかなあ。

「クリムゾン・タイド」、見てみます♪

2006/07/16(日)23:08| URL | みやぽー #- [ 編集]

加納ソルトさんへ

加納ソルト さんも犬を飼っていたのですねv-286
ビーグル犬の「チッチ」ちゃん。かわいいじゃないですか(^-^)
私も幼い頃ミニコリーを飼っていました。名前は「メリー」。犬なのに「メリー」。
メリーとは姉妹のような間柄でした。
だから死んでしまったときは、ショックでしばらくは立ち直れなかったです。
今でも写真を見ては思い出に浸っています。

あ、この映画のわんちゃんも雷が大嫌いなんですよ!

2006/07/16(日)23:14| URL | みやぽー #- [ 編集]

通りすがりの空我と申します。
犬好きな方に、是非オススメなのが(ご存知かもしれませんが)『いぬごえ』です。

犬の言葉が理解できるようになった26歳の青年と、おっさん声のフレンチブルドッグのぺスとの友情(?)物語です。最初は、下世話な事しか言わないぺスですが、ラストは結構グッと来ます。お時間があれば是非観てみて下さい。

2006/07/18(火)01:20| URL | 空我 #- [ 編集]

空我さんへ

通りすがっていただき、ありがとうございますv-411

「いぬごえ」はタイトルだけは知っています。
確か、関西弁のイヌなんですよね?
ラストがぐっとくるんですか?その言葉に惹かれてしまいました。
イヌが関わると感動が倍になるので、是非見たいです!!
オススメ、ありがとうございました(ぺこり)

2006/07/18(火)12:47| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。