スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

フライド・グリーン・トマト

評価  ★★★★★
原作  『 FRIED GREEN TOMATOES』ファニー・フラッグ
監督  ジョン・アヴネット
脚本  ファニー・フラッグ
出演  キャシー・ベイツ  ジェシカ・タンディ
PC
作品紹介
生活にはりをなくした中年主婦エブリン。ある日、彼女は叔母の見舞いで訪れた老人ホームで、不思議な魅力を放つニニーという老婦人に出会う。彼女が語る、保守的な20年代のアメリカ南部で、勇敢に人生を切り開こうとしたイジーとルースという二人の女性の物語にエブリンは心を打たれる。そして、失っていたときめきと情熱を取り戻した彼女は、ニニーという生涯の友を得るのだった。


*ネタバレしてます。最後の反転部分、要注意!
 




大好きで1年に1度は見たくなる私の心の栄養剤的映画。

特に教訓になったり感動でボロボロ泣くような話でもないのに、見終わった後にはなんとも言えない清清しさと優しさの入り混じった心地よい高揚感で体が包まれる、そんな感覚を覚えるのです。
それはなぜか。
映画全体を通して女の「友情」が爽やかに描かれており、影響したりされたりしながら元気よく明るく話が進んでいくからです。

2
親戚の見舞いに病院を訪れたエブリンがそこで入院しているニニーというおばあちゃんに出会い、ニニーの昔話を聞きはじめるのがそもそもの始まり。
話は昔と現在を行ったり来たりして、時を越えた女の友情を描いていくのですが、その展開が自然で巧妙で飽きることがありません。
見ている側もエブリン同様「次は?次は?」と話の続きをおねだりしたいようなそんな感じなのです。

そして映画の見所はエブリンの変化 。
始めは「私っておデブで、なのに一日キャンディーバーを10本も食べちゃって・・・夫とも倦怠期で・・・みんなバカにして・・もう自分が情けない・・」と涙ながらに訴えていたエブリン。
しかし二ニーの話が進むにつれ、まるでオーメンのダミアンのように自我が芽生え始め、
悟空 → カカロットレベルで凄まじい変化を遂げていきます。

エブリンの変化が著実に現れるシーンがあるのですが、その時のふっきったような微笑に私は某ホラー映画のキャラクターを見ました。
そしてこの一言。
「私はいつまでもホラー映画の中のデブじゃないのよ」。
このセリフには笑わずにはいられません。
キャシー・ベイツなだけに、これは明らかにミザリーを意識したセリフですよね(笑)

とまあ、小粒が効いているこの映画。
他にもいろいろ仕掛けがあって興味深い。
アラバマの美しい風景が堪能でき、そこの慣習も垣間見ることができる。
ルースが亡くなるシーンでは、時計の針を止めたり鏡に布をかぶせたりいましたが、これはアラバマでは家の主が亡くなった時にする慣わしだそうです。
こういう細かいところまで気を配っている作りって本当に感心してしまう。

3

でも何と言ってもキャシー・ベイツ
彼女の魅力あってのこの映画、壊れていくエブリンはキャシーだからこそあんなにチャーミングに描けたのだと思います。
太りすぎのキャシーがトランポリンではねるシーンなんか、なんだか可愛くて可愛くて(*^-^*)
私の中では日本で言ったら森公美子さんて感じ。

ジェシカ・タンディも相変わらず品のある優しいおばあちゃんを演じてます。
私は彼女の声が好き。
最後のシーンで、エブリンにいたずらっ子のような笑顔を向けているのがすごく印象的でした。
そんなジェシカももう亡くなってしまい、残念です。

ところで、この映画を見た人の一番気になること、それはもちろん「ニニーはイジーなのか?」という点でしょう。
多分「YES」ということでしょうが、そうなるといろいろ疑問がでてきますよね(夫は誰なのか?とか・・)
アレコレ考えてみたのですが・・・なんだか素敵な映画にケチをつける小市民のような気がしてきて結局止めてしまいました(笑)
今は、なんだっていいじゃないか、というスタンスで見ています。

なんでも原作には同性愛を匂わせる箇所があるとか。
映画にはそれが出てこなくて私は良かったと思います。
だって、受ける印象が全く違う映画になるでしょうから。



最後に。
 Q. この映画で一番かわいそうなのは誰か?

 A. ジョージア州からフランクを探しに来た保安官。   
    なぜなら、人間の肉で作ったソースのBBQを4皿も食べてしまったから。 ← 反転    
          
    合掌。



でも全ての根っこには愛がある映画なんです。



 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(3) | トラックバック(0)2006/06/09(金)21:34

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/06/20(火)16:06| | # [ 編集]

初めまして、今晩は~りざふぃと申します。
ミクシィの足跡からやって参りました^^

この映画私も大好きなので、こちらにコメント残させて頂きました。
それにしても、きっちりと感想書いてらっしゃいますね~
画像も多くて綺麗だわん♪(うちとはエライ違い^^;)
また覗かせて頂きま~す。ではでは。

2006/07/10(月)19:56| URL | りざふぃ #UYppvBwQ [ 編集]

>りざふぃさんへ

ご訪問をありがとうございます♪

「フライド・グリーン・トマト」は私の「映画好きランキングベスト5」には常にあります。もう大好き!
きっちり感想が書けていたら良いのですが、好きなはずなのに、なかなか記事にできなかった映画なんです。文才があればなあ・・といつもため息です(笑)

これからも宜しくお願いします!

2006/07/11(火)18:45| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。