スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

秘密のかけら

評価  ★★★☆☆
監督  アトム・エゴヤン
出演  ケヴィン・ベーコン  コリン・ファース  アリソン・ローマン

パッケージ作品紹介
1957年、花形エンタテイナーのラニー・モリスとヴィンス・コリンズの二人組は、チャリティのテレソン番組でホストを任されるほど人気の絶頂にあった。ところが、ホテルで起きた変死事件に巻き込まれてコンビの解消を余儀なくされる。事件は迷宮入りするが、15年後、事の真相を明らかにしようと野心に満ちた若きジャーナリスト、カレン・オコナーがラニーとヴィンスに近づく。少女時代のカレンにとって二人は特別な存在だったが…。







1
この作品に限ったことではありませんが、ミステリーやホラー映画にはやたら官能シーンが多いような気がします。
ミステリーの影に「悪女」の存在は不可欠だからなのか、内容のなさをカバーするためなのか、サービスなのか、単に監督の好みによるものか、いろんな意見に分かれるところですが、この「秘密のかけら」に関して言えば恐らく「監督の好み」によるものだと推測できます。(笑)

ツーショットなぜそう思うかと言うと、試写の際にサプライズでアトム・エゴヤン監督のゲスト出演があったのですが、その監督に花束を渡すゲストにさらにサプライズで杉本彩が登場したのですが(監督よりも杉本姉さんの登場に会場が沸いたのは言うまでもない)、杉本姉さんのその挑発的ないでたちに監督の視線が一点釘付けになり、かなり嬉しそうなのが傍目にも明らかだったからです。
記者撮影の際にも必要以上にボディタッチがあったりして、あらまあ、という感じでした。

こういう監督ですのでかなり農耕、いや濃厚なシーンの連続で、正直「試写でこれはまいるなあ」と思った私ですが、しかし中身は面白い。


幾重にも疑問が疑問を呼ぶ「秘密」の数々。
華やかなショービズ界の人気デュオの二人に一体何があったのか?
事故なのか?それとも殺人なのか?
だとしたら犯人は?

チャリティテレソン番組を軸に複雑に時間が交差し、「秘密」を見る視点も様々なのに、ストーリーは破綻することなくミステリーの醍醐味を味わうことが出来る。

ただ、最後の謎解きの場面はびっくりさせられるものの、やたら淡々としているため、うっかり犯人を見逃しそうになりました。
もうちょっと盛り上げてもよかったかなあ。


コリンショックだったのは、私の大好きなコリン・ファースが・・・あんなことや・・・こんなことを・・・ということで(笑)。
ドラマ版「高慢と偏見」ダーシー役の彼を見て以来、そのお堅さとやさしさをあわせ持った雰囲気に心奪われていたのですが、そんな彼が「ひぃ~」と言った感じ。
(まるで、年頃の息子の引き出しを開けて、そして見てしまった母のような心境と言えばご理解頂けるでしょうか)
うぅ、だけどそんな彼も好き・・。

女の子
アリソン・ローマンはまるで陰のあるフランス人形みたい。 
ビッグ・フィッシュではちょい役でしたが、今回は文字通り体当たりの演技であっぱれでした。
そして体がとてもきれい。
時には無垢で時には成熟した女性の色香に同姓の私でもドキドキさせられました。


ケビン・ベーコンも相変わらず渋い。
いい感じで歳を重ねる俳優さんですね、彼は。

映像もきれいですし、意外や意外おもしろい映画でした。
ミステリーを見たいけど何見よう・・という気分の時には良いかと。
ただ、衝撃映像が多すぎるため、肝心のサスペンスの要素が霞んでしまわないかと心配です(笑)


あと、家族で鑑賞するのは決してお勧めできません。


「秘密」は大勢でみるより・・・・ね





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/ミステリー | コメント(6) | トラックバック(0)2006/06/06(火)15:34

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/06/07(水)21:06| | # [ 編集]

詳しい方じゃないけど、映画好きなんです。是非毎度寄らせてもらいます。

2006/06/07(水)23:48| URL | nyansan #- [ 編集]

ラブシーンは苦手…

家族と一緒に観ているときにラブシーンが流れだすと何とも言えない空気になりますね。あの状況自体がサスペンスです。いやあ怖ろしい。
映画館なら知らない人ばかりだからいいとはいえ、ツバがやけに溜まるんですよね。ゴクリとやりたいんだけど、飲み込むわけにはいかない!周りのみんなも思っていることなのかな?

>>ミステリーやホラー映画にはやたら官能シーンが多いような気がします。

「スクリーム」でSEXに興じる男女がと殺されるというホラー映画のセオリーが語れていたのを思い出します。

2006/06/08(木)06:59| URL | 加納ソルト #- [ 編集]

>きよちゃんさんへ

はじめまして。
コメントをありがとうございますv-290

衝撃シーン満載ですが、綺麗にとれているのでいやな感じはありませんでした。
でも一人をおすすめです。(笑)

もしよければマイミク登録をお願いします。
(ミクシーには姓「みや」名「ぽー」ででてくると思います。

これからもよろしくです(ぺこり)



2006/06/08(木)19:53| URL | みやぽー #- [ 編集]

>nyansanさんへ

二度目のコメントありがとうございます!(〇^0^〇)

是非是非お立ち寄りくださいね。
お待ちしていますv-411

2006/06/08(木)20:03| URL | みやぽー #- [ 編集]

>加納ソルト さんへ

>家族と一緒に観ているときにラブシーンが流れだすと何とも言えない空気になりますね。あの状況自体がサスペンスです。いやあ怖ろしい。

(笑)
まさしく。
いつもなら気にならい「唾を飲む」という嚥下運動がとたんに意識的になってしまう・・。
私も同様です。
試写会の衝撃シーンの異様な空間でその状態のジレンマに陥った人もかなりいたハズ。

ホラーには官能シーンのほかにピクニックシーンも多いような・・?

2006/06/08(木)20:22| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。