スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ナイロビの蜂

評価  ★★★★☆
原作 『The Constant Gardener』
監督  フェルナンド・メイレレス
脚本  ジェフリー・ケイン
音楽  アルベルト・イグレシアス
出演  レイフ・ファインズ   レイチェル・ワイズ


ぱっけーじ作品紹介
アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)のもとに届いた突然の訃報。それは、救援活動に励んでいるはずの美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)のものだった。失意の中、妻の死の真相を独自に調べたジャスティンは、妻が追っていたイギリスの製薬会社による汚職事件に辿り着く。



映画館で予告を見たときから何か感じるものがあった作品。

2初めは単なるラブストーリーかと思っていましたが、蓋をあけてみれば社会派ドラマであり、普段の私なら敬遠をしてしまうような重いテーマの映画でした。
だけど、広大なアフリカの映像とそこに住む人たちの実情、レイチェル・ワイズの演技の素晴らしさに釘付けになり、2時間以上もある上映が少しも退屈することなく一気に見終わった・・と言う感じです。


映画の内容もさることながら、印象的だったのは「先進国はアフリカを喰い物にしている」という言葉。
この映画はフィクションなので、まさかこの通りの人体実験の事実があるとは思えませんが、「全くない」と言い切れないことは確か。
そして、アフリカの人々を抑圧したり、大地の恵みを搾取してきたという歴史的事実は言うまでもありません。

ところで、どうしてアフリカ大陸には金やダイヤモンドなどの鉱脈ががたくさん埋まっていると思いますか?

私は思うのです。
日本にはそのような鉱脈や油田はほんのわずかですが、その代わり恵まれた気候と豊穣な土地があるお陰で、米などの最低限の食材は自給自足できるし、足りないものは「輸入」できる財力がある。
しかし土地がやせていて過酷な環境にあるアフリカには、鉱脈でしか世界と渡る術がなかった。
考えてみれば石油だって、貧しい国に多く埋まっている。
そうやって世界はバランスをとっていたはずなのに、強いものが弱いものから搾取をしたためバランスが崩れ、貧しい国はさらに貧しくなってしまった。
なのに、今さら「アフリカを救おう」なんて本当茶番劇もいいところ。

どんなに政治家が声を荒げて世界の平和を語ろうと、どんなに活字で取り上げようと、「ナイロビの蜂」はそれ以上のインパクトと問題提起を与えてしまう。
5あんなに風景は美しいのに。
あんなに子供はかわいいのに。
手を伸ばせば救える命がそこにあるのに。
なのに、たった1人の子供を助けることができないという現状。

国レベルの利害の損得が全ての根っこなのではないでしょうか。

そう私が思うのは映画の素晴らしさからでもありますが、レイチェル・ワイズの演技に寄るところが大きい。
彼女はこの作品でアカデミー助演女優賞を受賞しましたが、まるで彼女にテッサという女性が乗り移ったかのような演技でした。
3驚いたのは、24歳の役だったのですが、ちっとも違和感なく見れたこと。
ふと見せる表情はあどけなく、しかし落ち着いた雰囲気を醸し出すのはすごい。
実年齢は35かな?それにもまたびっくりですけど。

そしてレイチェルの妊娠。
劇中、 「不幸な結婚は死産のみ」のようなセリフがありましたが、
それを浮き彫りにするためにわざと「妊娠」しているレイチェルをキャストしたのか?
それとも「妊娠」は単なるレイチェルのおまけだったのか?
どうなのでしょう。

テッサには実在するモデルがいたようです。
6一体どのような環境がテッサを作るのだろう?

常に自分の幸せを考えてしまう私には、身につまされる話です。





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(8) | トラックバック(1)2006/05/31(水)16:15

コメント

うーん、なんだかとっても考えさせられたよ。すごい複雑な内容の映画なんだね。
とっても見たくなったので、今度借りてきて見てみようと思います。
果たして、単純な私に理解ができるのかは不明・・・(^^;)

2006/05/31(水)19:12| URL | いわしょう #- [ 編集]

初コメントです。
私もこれは絶対に恋愛映画だと思ってました。
みやぼーさんの日記を読んで、見たくなったよ!アフリカの雄大な景色も綺麗そうだし。

2006/06/01(木)07:16| URL | mokomoko #- [ 編集]

・・・( ̄  ̄;) うーん

僕も、単なるラブストーリーだと思ってました。
奥深い内容だったのですね。。。

2006/06/01(木)19:30| URL | こみたろう #nZG/KMsE [ 編集]

>いわしょうさま

コメントありがとうv-413
「ナイロビ」は今上映中だよ~。
ここに出てくるヒロインは本当に素敵な女性なので、それを見るだけ価値があるかも。

いわしょうさんにも楽しんでもらえたら嬉しいな♪

2006/06/01(木)20:21| URL | みやぽー #- [ 編集]

>mokomokoさま

初コメントどうもありがとうv-411

本当にアフリカの大地はきれいでした。
世界遺産の場所もいくつか出てるみたいです。
それだけでも楽しめてしまいます。

アフリカ、本当に奥深いです・・。

2006/06/01(木)20:26| URL | みやぽー #- [ 編集]

>こみたろうさんへ

宣伝では「愛」を多く語っていますが(スピリチュアル(?)のアノ人まで担ぎ出して(^-^;))、実はバキバキの社会派ドラマでした。
だけどベースは「愛」なので間違った宣伝ではないのですが。

重いおもーいストーリーで本当に考えさせられます。

2006/06/01(木)20:30| URL | みやぽー #- [ 編集]

はじめましてです(♥ó㉨ò)ノ
わたしもナイロビの蜂見ましたよ。
同じく恋愛映画の感動ものとか思っていたので、話の重さに終わった後はなんか簡単には感想が出てこなかった!なんだか心にずっと残る映画でしたねv-35

2006/06/05(月)22:01| URL | めみ #- [ 編集]

>めみさんへ

はじめまして♪
ご訪問&コメントありがとうございます。

本当ですよね。
私も涙を流す感動ではなくて、話の重さをかみ締める感動でした。
ぼーっと最後のエンディングテロップを眺めていたりして・・。
「正義は勝つ」であってほしいですよね。

2006/06/06(火)13:29| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://shimapoh.blog55.fc2.com/tb.php/52-d6d0fa85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂を観た。@ギンレイホール

2006/10/11(水)11:57│活きた金の使い方

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。