スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

嫌われ松子の一生

評価  ★★★★☆
原作  『嫌われ松子の一生』 山田宗樹
監督  中島哲也
脚本  中島哲也
出演  中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/その他

パッケージ作品紹介
女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。
昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子も、そのひとり。
でも、現実は…。
壮絶な不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、その人だけを信じて突き進む。
傷ついても、傷ついても愛する人への思いを胸に夢を見つづける松子。
誰がどう考えたって不幸な人生なのに、彼女にとってはすっごくハッピー!


*多少ネタバレあります


これは映画か?
はたまたミュージカルか??
それともプロモーションなのか???
それくらい「嫌われ松子の一生」ポップでおしゃれでシュールで明るくテンポの良い作品。

私は原作を読んでいないのですが、どうやら原作は面白いけど重く暗く救いようがない話らしいです(と、開映前に、隣の席のお姉さんが得意げに全部ネタバレで話しまくってました。   おのれ~)。
それを「そのまま撮って何がおもしろい?!」とばかり逆転の発想で撮っているところが中島哲也監督のすごいところ。

多分同じ原作でも、もし小津安二郎監督が撮ったら、もっと親子のすれ違いや孤独などを浮き彫りにして人間ドラマ的な映画になり、もし大島渚監督が撮ったのならもっと官能的な人間ドラマになったような気がする。(←勝手な想像)

だけど中島監督は、一種「松子祭り」とでも言うノリのもと、豪華キャスト陣が入れ替わり立ち替わり、しかしそれでいて話の道筋を失って混乱することは無く映画を進行させていきます。
実にお見事!

3この映画はとにかくテンポとインパクトがすごい。
さすがはCM出身の監督で、一つ一つのエピソードがコンパクトなのに内容がとても濃いです。
ディズニーの映画のようにミュージカル方式にして、画面とストーリーと音楽をシンクロさせて一気に一つのエピソードを魅せています。
色の見せ方もとても上手で、原色を多く使用して盛り上げたかと思えば、黄色を基調とした画面でシュールさを出す。
官苦労思い切り明るいシーンを持ってきた後に重いシーンをもってきて、より暗く感じさせる。
そのコントラストが絶妙。
特に宮籐官九朗のエピソードがすごいインパクトでした。


特筆すべきは超豪華出演陣
超脇役でも有名な役者さんばかりなので、気が抜けません。
でもなんでこんなことが可能なの?
ひょっとしてノーギャラ?なんてことを気にしながら見てました。

2主演の中谷美紀は、今までは「私、きれいだから」という匂いがぷんぷんしていたのですが、そのクールビューティのイメージがぶち壊れるくらい全身全霊で松子を演じており、私はその演技力に感動しました。
間違いなくこの作品は彼女の分岐点。
それくらい、松子にかける意気込みはすごかった。
あと、やっぱり美人は何着ても何しても美人。
一時期激ヤセしてかなり頬がこけていたりと心配してましたが、ようやく少しふっくらしてきましたね。
いろんな七変化を見せてくれますが、地味な服であればあるほど美貌が惹き立つなんて本当に得。

そしてこの映画の音楽がとってもよかった!
サントラ絶対買います。
映画を見終わった後はきっと「ま~げてー、のばして~♪」と頭の中で音楽が流れていることでしょう。

映画の内容ももちろん面白い。
松子の選ぶ人生はいつも間違っている。
ダメな方ダメな方ばかり選んでしまう。
付き合う男も全員DV。
てか、殴られまくってる。
2度あることは何度もある!ってことで、全然過去の反省が生きていません。
だけど、それが松子流の愛し方。

映画の紹介文では「ハッピー」とありましたが、私には松子は常に「孤独」を感じていたように思えてなりませんでした。
ちょっと考え方を変えれば、幸せは手に届く範囲にあったのにね。


劇団ひとり

ところで、劇団ひとりの役はおいしすぎです。







 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/コメディ | コメント(12) | トラックバック(1)2006/05/25(木)21:30

コメント

こんにちは♪

数年前、タイトルに惹かれて図書館で原作を読みました(しかもハードカバー本)。
隣の席のお姉さんがおっしゃるとおり、すっごく暗い雰囲気で孤独な松子だったため、映画化されるって聞いた時は「えっ、まじっ?!」ってビックリ!
スマステでも紹介されてましたが、原作とイメージがかなり違い中島ワールドなんだか楽しそう♪
劇団ひとりのおいしい役もすごく気になります~。

2006/05/28(日)12:23| URL | TKAT #- [ 編集]

始まったのね!!

映画館の予告から気になってました。
波乱万丈の一生みたいだけど、
ミュージカルぽく、
映像が華やかみたいで、
すっごく興味ある映画!
見に行かなきゃ!!
『ダ・ヴィンチ・コード』より興味あり!
が、よく行く銀座近辺では、上映してないのね・・・。
‘劇団ひとり’、最近は、俳優業に力入れているのかしら?NHKの連続ドラマでも主人公の婚約相手だったり。でも、今は、婚約破棄となりたまに出るくらいですが。

2006/05/28(日)16:40| URL | さとぴぃ #- [ 編集]

>TKATさんへ

確かにすごい中島ワールドでした。

この監督はCM出身の監督で、サッポロビールの豊川悦司と山崎努の卓球のCMや、キムタクのJRA(競馬)のCMを手掛けたみたいです。
どちらも私は大好きなCMでした。

劇団ひとりはホント「よかったね~」という役です(^-^;)
最近この人はマルチな活躍をしてますね。

片平なぎささんも見逃せませんよ~v-343

2006/05/29(月)19:47| URL | みやぽー #- [ 編集]

>さとぴぃさんへ

映画のCMを見ても、とにかくインパクトありますよね!
色も実に鮮やかだし、ボニー・ピンクの曲が頭から離れません。
監督によって映画ってすごく変わるのだなあ・・
と感じさせられる1作でした。

劇団ひとりがNHKの連続ドラマに出ているなんて知りませんでした!
本も出しているし、お笑いより才能あるかもしれませんね・・。
お父さんがパイロットだし、英語も話せるみたいです(・・っていらない情報ですね(苦笑)v-16

2006/05/29(月)19:53| URL | みやぽー #- [ 編集]

訪問ヾ(TωT。)アリガトウございます

結構面白そうだとは思ってました。
ここにたどり着いて是非見てみたいと確信!ありがとうございます。
素敵なブログですね。これからもこさせてもらいます。

2006/05/30(火)05:40| URL | nyansan #- [ 編集]

>nyansanさんへ

あたたかいコメントをありがとうございます~(T0T)
本当に励みになります。

「松子」は本当にお勧めです。
サッポロビールのトヨエツと山崎勉の卓球バトルのCMや、キムタクのJRAのCMがお好きな方は特に必見かと。

私もまた遊びに行きますねv-290

2006/05/30(火)22:19| URL | みやぽー #- [ 編集]

またまたトラックバックさせてもらいました。どうも。

出演者豪華でしたよねー。チラッと顔だけ登場したりとか。

劇団ひとりは確かに美味しいですよねー。
うらやましい限りです(笑)
エンドロールでの歌声が意外に渋くてビックリでした。

2006/05/31(水)00:04| URL | シネマカブレ管理人 #- [ 編集]

>トラバありがとうございます

今回はお笑いががんばってる映画でしたね。
ゴリとか、竹山とか。
私は谷原章介のはじけっぷりが好きです。

ところで、「ナイロビの蜂」を見てきました!
とてもよかったです。
だけど、重かった・・・・v-409

2006/05/31(水)18:10| URL | みやぽー #- [ 編集]

早く観たい!

うちのブログにコメントありがとうございました!

『下妻物語』がすごく面白かったので、『嫌われ松子の一生』も早く観に行きたいと思っています。

2006/06/01(木)23:07| URL | 輝 #- [ 編集]

>輝さんへ

めちゃ「下妻」がお好きなら、絶対気に入るはず!
力いっぱいお勧めします!

私も「キャット・ウーマン」が見たくなりました。
ツッコミ映画大好き♪

2006/06/02(金)19:54| URL | みやぽー #- [ 編集]

よかったです

今日観ました。
よかったですー。
「下妻」もとっても斬新で好きな作品ですが、これもよかった。とにかく展開が見逃せなくて、軽快な台詞まわしと音楽がどんぴしゃ。映像があんまりにもきれいなんでこれは映画館がよかったと後悔したくらい。
ほんとにこれは中谷美紀代表作です。「電車男」などの殻を思いっきりやぶりましたね。はじめていい女優さんだと思いました。最後の「おかえり」「ただいま」でおもわず涙が。
よかったですー。

2006/12/02(土)23:20| URL | ふくちゃん #- [ 編集]

ふくちゃんさんへ

せっかくコメントくださったのに。しばらく留守にしていまして、遅れてごめんなさいm(_ _)m

そうなんですよねー。
中谷美紀って、どこか真面目でコメディ向きの女優さんではない雰囲気が漂っていたのですが、この映画で見事脱却していて、本当に感動しました。
あの美しい顔をあんなに歪めて・・女優魂に拍手!
どうやら息の長い女優さんになりそうですね。

「おかえり」「ただいま」は私もじーん・・ものでした(涙)
本当に、上手な映画だ~。

2006/12/05(火)00:31| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://shimapoh.blog55.fc2.com/tb.php/48-7128285b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★★★☆☆ 嫌われ松子の一生

ごはんをおかずにごはんを食べられるキャストが豪華!!チョイ役でいろんな役者さんが出演してます。チラッと土屋アンナさんも出てたり。全体にミュージカル調というかミュー

2006/05/30(火)23:42│シネマカブレ

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。