スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

V フォー・ヴェンデッタ

                
評価    ★★★☆☆
監督    ジェイムズ・マクティー
原作    デヴィッド・ロイド
脚本    アンディ&ラリー・ウォシャウスキー
出演    ナタリー・ポートマン  ヒューゴ・ウィービング


ヴェンデッタ作品紹介
独裁国家と化した近未来の英国。夜間外出禁止令を破ったイヴィーは、街角で危険に見舞われたところをVと名乗る仮面の男に救われる。不正と暴虐にまみれた政府転覆をはかるVは、手始めに中央刑事裁判所を爆破。国の圧制を糾弾し、11月5日の“ガイ・フォークス・デー”に国会議事堂前に集結するよう市民に呼びかける。その一方で自分自身の怨念を晴らすため、有力者を次々と殺していくV。そんな彼と出会ったことで、イヴィーは人生を大きく変えていく。






ウォシャウスキー兄弟
 。
彼らの作る世界はいつも独特で、何かしらの映画的革命と言えるものがあります。
「バウンド」では緻密な脚本に斬新なカメラワークで、 
「マトリックス」では全く新しいストーリーと映像で観客の度肝を抜きました。

そして、そんな彼らの最新作「Vフォー・ヴェンデッタ」と言うと・・。


分かりやすくヒトコトで言うと、この映画はとても面白い。

【本命】ダヴィンチ・コード    【対向】プロデューサーズ

と考えていた今年の映画。ここに、

【大穴】Vフォー ヴェンデッタ

という感じ。
気分は万馬券。


宣伝や映画の予告では、どうも映画全体の政治特色の強い全体的な暗さや、ナタリー・ポートマンの衝撃シーンばかりが目立っていて、
イマイチ話の内容が分からなかったこの作品。
確かに、政治色の強い話ではありますが、私はあえて「人間ドラマ 」であることを強調したい。


それは「V」というキャラクター。
時には世を正すために立ち上がった戦士、時には復讐のための権化といろんな仮面を被っている彼は、
文字通り初めから最後まで素顔を見せることはありません。

道化のようなマスク、 「チャーリーとチョコレート工場」ウォンカのような髪型の彼は、
初めは掴みどころがない実体のないリアルとも言うべき存在。
しかし、奇妙な笑いにしか見えない仮面が、時には泣き顔のようにも怒りの表情にも見てとれ、
それが徐々に彼が人間であることの実感となって観客の心を揺さぶる。

そして、感動のラストシーン・・・。


「V」を演じているのは、ヒューゴ・ヴィービング。彼が本当に素晴らしい演技を見せています。彼なくしては、映画の感動は半減してしまうでしょう。

そして、そのVをよりリアルに見せているのはナタリー・ポートマンの演技。
仮面をつける彼に、表情を与えているのは彼女です。
二人は徐々に近づき理解し合いますが、しかしその二人の間にある距離が悲しい。

もちろん、映像でも魅せてくれます。
アクションシーンでは、ウォシャウスキー兄弟の手腕をあますことなく披露してくれていますし、
冒頭とラストのシーンではとても美しい映像を見ることが出来る。
スケールがとても大きいため、これは大画面で見ることオススメします。

ウォシャウスキー兄弟の作品は、ちょっと目を離すととたんに話が分からなくなってしまう。
だから私は食い入るように画面を見ていました。
あまりに熱中したため、132分と長いはずの上映時間が本当にあっという間。
退屈させられることは、まずありません。


近未来でありながら、SFではない。
テロを賛歌する映画でありながら、感動がある。

奥に潜む問題の深さを、見る人自身で探ってみるのも良いかもしれません。


⇒Vフォー・ヴェンデッタの詳細を見る





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/アクション | コメント(2) | トラックバック(0)2006/04/21(金)12:34

コメント

仮面と黒のTシャツと真実の行方・・・

みやぽーさん、はじめまして。 長文失礼します。
コミックの映画化で期待せずに見ましたが、ハマル人は「万馬券」のようなお得感を感じますよね。
「テロ」か「レジスタンス」か?  でも、かつての革命も似た動機だったかも知れませんね。
「作家はウソで真実を語る」など、W兄弟・脚本の含みのあるセリフも印象的でした。

実は、この映画の中で起きた「官製テロ事件」を「9・11」と入れ換えてみると、
今の時期に公開された「意味」や、製作者の本当の「意図」が感じられるかもしれません。 
ディラン・エイヴリー青年(23歳)が監督し、最もポピュラーな911検証シンボル映画の
「LOOSE CHANGE 2ND = ルース・チェインジ」が「9/11 Truthムーブメント」を
世界現象に変えていますが、ご存知ですか? 8月完成の「LC 2ND Recut」などで、
Vのように「集まろう」呼び掛けました。 「仮面」の代わりが「黒のTシャツ」です。

06年の9月11日の再調査要求・NYデモと、次の日にその様子を伝えたはずのニュース。
(デモ参加者の人数の違いに着目…。)  9月11日は来年もやって来ます。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv
http://www.911podcasts.com/files/video/Zahn_LC.wmv

DVDの発売前から「LC2」吹き替え版の「無料」配信が早くも開始されています。
日本語版の検索語「LOOSEチェンジ」の各国での報道などは、下記BBSの11/22を。
ご参考になればと。 尚、本文内容やLINK先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://bbs9.fc2.com/php/e.php/cinepro/
http://www.harmonicslife.net/gallery/main.php?g2_itemId=775

2006/12/08(金)23:44| URL | W・R #YmM3ycEw [ 編集]

W・Rさんへ

はじめまして!コメントをありがとうございます。

「LOOSE CHANGE 2ND = ルース・チェインジ」、知りませんでした。仮面の変わりに黒Tシャツで集まろう・・。
本当に「V」みたいですね。
次にこの映画を鑑賞するときはきっと新しい発見があるような気がします。

2006/12/10(日)18:10| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。