スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

カレンダー・ガール

評価    ★★★★★
監督    ナイジェル・コール
出演    ヘレン・ミレン  ジュリー・ウォルターズ


PC作品紹介
イギリス北部、ヨークシャーの町に暮らすクリス(ヘレン・ミレン)とアニー(ジュリー・ウォルターズ)は、婦人会に参加する親友同士。ある日へレンは、白血病で亡くなったアニーの夫、ジョンを偲ぶため、自分たちのヌードカレンダーを作ることを思い立つ! 戸惑いながらも、この企画に参加していく婦人会のメンバーたち。そして出来上がったカレンダーは、イギリス中で大反響を巻き起こしてしまう。やがて噂はハリウッドに届き、ヘレンたちは大喜びするが、アニーの心には複雑な感情が芽生えていた。



実話を基にした、英国ヨークシャーの静かな田舎町に暮らす主婦達が織り成す、楽しくてホロリとする冒険ストーリー。
登場するのは、ガールと呼ぶには大分お年を召した女の子たち。推定平均年齢50歳以上の彼女たちが、なんと自分達のヌードカレンダーを作っちゃおう!と言うのだ。
(無茶じゃ~姫様っ!)

そもそも事のはじまりは、親友の夫が白血病で亡くなったことで、お世話になった病院に彼の名で椅子を寄付をするために企画したこと。それがなんと30万部も売り上げてしまう大ヒット商品になってしまったからさあ大変!これを機にイギリス中からメディアが押し寄せ、静かな村は蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、ガールズたちの生活にも大きな変化が起きてしまう。


2さてさて、やはり注目するはガールズたちのヌードである。「年上好き」と自負する男性陣も、50過ぎの女性のヌードとくればやはり腰が引けてしまうと言うもの。しかし意外や意外、ユニークなカレンダーのテーマと親切なカメラ構図のお陰か、それは決して目を逸らす対象ではなく、50年間生きてきた女性が刻んだ年輪がとてもチャーミングに映し出されている。

それに、なんと言ってもガールズたちがとても魅力的なのだ。スカウトしてきた若い男性カメラマンの前で洋服を脱ぐのを恥じらい、アノ手コノ手でヌードを見られないように撮影しようと大騒ぎするシーンに(カメラマンもみたくないよ、と言う心の叫びはおいといて)、彼女たちの普段からは感じることはない「女性」の部分を垣間見ることができて、いくつになっても女性って可愛いものだと微笑ましく思ってしまう。

写真そして、先ほども触れたカレンダーのテーマが実にユニーク。
「生活のワンシーン」ということで、キッチンで料理をしながらヌード、編み物をしながらヌード、畑仕事しながらヌードのような構図で、肝心の部分を上手に隠しながら、普段彼女たちが輝いているシーンを上手に取り入れているので、とても健康的かつ楽しい仕上がりになっている。若い女性が被写体だったら見る側の邪念が多すぎてこうはいかない。やはり大成功の秘訣は、アイディアと被写体の年の功でしょう。

なんと言っても、私がこの映画が好きな理由は、女性でもいくつになってもできることがあると証明してくれたこと。女性は年を重ねるごとにいろいろあきらめがちですが、50を過ぎてヌードになってしまえるくらいまだ可能性があるのです。「結婚したから」「子供がいるから」「年だから」と言うのは決して物事を諦める理由にはならない。きっと人生、やったもの勝ちです。事実、ウチの母も年輪ガールですが、50を過ぎてから紅茶の学校に通い、今では念願のお店を開くに至ってます。
「成功するしない」はこの場合別問題。一歩を踏み出すことに意義があるのです。

さてさて、一方「カレンダー・ガールズ」たちは世界レベルで成功し、時の寵児となってしまいました。しかしその成功が彼女たちの家庭や生活、そして自分自身を激変させることに。
果たしてこの成功は幸せなことなのか?その後の彼女らの運命やいかに?

単なるサクセスストーリーに終わらない、人間賛歌の物語。
特に女性にオススメの映画です。


仕事、友情、家族。あなたにとって大切なものとは何ですか?



⇒ 「カレンダー・ガールズ」の詳細をTSUTAYAで見る
⇒ 「カレンダー・ガールズ」の詳細をアマゾンで見る





 ポチッ♪
 よろしくデス


ブログランキング・にほんブログ村へ





スポンサーサイト

テーマ:映画感想│ジャンル:映画
[ジャンル検索]ドラマ/コメディ | コメント(7) | トラックバック(0)2006/10/23(月)01:27

コメント

ホンモノのカレンダーガールについてはテレビで拝見したことがあります。発想が奇抜で「すごいなあ」と感心した覚えが。
映画になっていたとは知りませんでした。
エンディングが気になりますね。見てみたいな。

2006/10/23(月)18:41| URL | みおぽん #- [ 編集]

なんか「フル・モンティ」みたいな映画ですね!
実際の話はテレビで観ましたが、映画はまだ観てないんです。気になる映画が増えてきてどれから観ればいいか迷ってきてます。
映画館でやってる作品では「父親たちの星条旗」「サンキュースモーキング」「ナチョ・リブレ」この3本がめちゃくちゃ
気になってます。

2006/10/23(月)21:46| URL | つよぽん #- [ 編集]

この映画、ちょっと「フル・モンティ」に似てますよね。

アメリカにカレンダーガールズの一行が遠征したとき、

メタルバンドのアンスラックスがちょい役で出ていたのが

個人的にツボでした。

2006/10/23(月)21:48| URL | おしり #- [ 編集]

みおぽんさま

へええ~、リアル「カレンダー・ガール」がテレビに出ていたとは!
本当に発送が奇抜だよね。
ビジネスとはアイディア勝負と言う良い例だと思いました。
こういう女性ががんばる映画って大好きです♪

2006/10/23(月)23:03| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

つよぽんさんへ

私は「フル・モンティ」をまだ見たことがありません(^0^;)
似てるということは、ヌード系のコメディなのかな(笑)
面白そうだから、今度見てみよう♪

「ナチョ・リブレ」!強烈な個性を発していますよね!
「サンキュー・スモーキング」は私もとても気になってます。
あと私は「記憶の棘」「ブラック・ダリア」「スネーク・フライト」「地下鉄に乗って」が気になる映画です。
本当、どれから見よう・・・?

2006/10/23(月)23:16| URL | みやぽー #3U6GauWE [ 編集]

おしりさんへ

「フル・モンティ」に似ていると言う意見が、上のコメント・つよぽんさんからも出ています。
「フル・モンティ」も実話のお話なのかな??
でもとても面白そうなので、今度見てみたいです!

>メタルバンドのアンスラックスがちょい役で出ていたのが

そのようなバンドが出演していましたね!
あまり洋楽を知らないので、スルーしていました(恥)

2006/10/23(月)23:31| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/30(月)01:53| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。