スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ショーシャンクの空に

評価    ★★★★★
原題    「THE SHAWSHANK REDEMPTION」
監督    フランク・ダラボン 
原作    スティーブン・キング
主演    ティム・ロビンス モーガン・フリーマン

ショーシャンクの空に
作品紹介
どんな状況でも「希望」を失わなかった1人の男の物語。
妻とその愛人を殺した罪で終身刑となったエリート銀行員アンディ。無実の罪のために、20年にも渡る服役生活を送るが、その中でも希望を失わなかった彼にやがて奇跡が起きる…。原作はスティーブン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」。決して自由をあきらめなかった男の、友情と希望の物語。





  『希望を捨てないことで、きっと彼は正気を保っていたのだ』


見終わったときの静かなさわやかな感動は、「良かった・・」という安心感と共に徐々に体中に広がっていきます。
ラストシーンのどこまでも続く海の青さが、空の青さが、「希望」を失わなかったアンディがようやく手に入れたものと、これからを表しているかのようです。

物語は、アンディの獄中の親友・レッド(モーガン・フリーマン)の目線により、実にゆっくりと進行していきます。しかし、それらのエピソードに、時にはにやりとさせられ、時には手で目を押さえたりと、決して飽きることはありません。

退廃とした刑務所内のあきらめきった雰囲気を、一見大人しそうなアンディが変えていく過程は本当に見ていて清清しいです。次第に魅了されていく囚人・看守たち。こういう話の展開がわたしは大好きです。

わたしが見ていてはっとさせられたのは、囚人の1人である図書室のおじいさんのエピソードです。
そのおじいさんは、ようやく明日出所できるというのに、「今まで塀がわしを守ってくれた。この歳で出て行くのが怖い」と刑務所を出るのを全力で嫌がるのです。
これは本当に衝撃的でした。アンディから自由を奪った塀が、おじいさんにとっては「自分を守る」という存在なのですから。
「塀」がもつ役割がこの映画においていかに象徴的であるか、開眼させられた思いです。

この映画もそうですが、シドニーシェルダンの本を読むと、たいてい刑務所の看守はろくでもない人たちばかりで、気になります。全部の刑務所がそうとは思いませんが、中にはこのようなところもあるのでしょうね・・。

水野晴朗じゃないけれど、 「いやー、本当に映画っていいですね」 って言わずにはいられない作品でした。ティム・ロビンスもモーガン・フリーマンもこの作品で大好きになりました。

本当にお勧めの映画です。




 ポチッ♪
 よろしくデス




ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空にスティーブン・キング フランク・ダラボン ティム・ロビンス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-14
売り上げランキング : 381
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ | コメント(11) | トラックバック(0)2006/03/02(木)11:59

コメント

友人に「すごく良いから観ろ!」と勧められてから2年後に観ました。
もっと早く観ておけば良かったです^^;

アンディの行動力、頭脳は実に素晴らしい!
継続は力なりを再認識しましたね。

アンディとの出会いによりレッドが変わっていく様、特に仮釈放申請面接時の発言の変化に感動しました。

私もオススメの一本です。

2006/07/11(火)12:27| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

らいさんもお気に入りとは嬉しいです(^-^)
本当に「継続は力なり」ですよね。

余談ですが、あのポスター、穴の中から絶対一人では貼れないと思うのですが・・。まあ、そんなツッコミはナンセンス!
本当にアンディの頭の良さと信念には、感動しっぱなしでした。
あの後、ジワタネホで2人は幸せに生活できればいいですよね。

2006/07/12(水)17:17| URL | みやぽー #- [ 編集]

おすすめ マイベスト映画&DVD

この映画はほんとに名作の中の名作ですねっ♪

ビールを飲むシーンや、ポスターをめくったときの衝撃、そしてラストの爽快な感動♪
何回も観たくなる映画です♪

・ 「シンドラーのリスト」
・ 「グッド・ウィル・ハンティング」
・ 「パッチ・アダムス」

上の映画は私の好きな映画です♪
もし、観る機会があれば観てください♪

あと、リンク登録させてもらいました♪

更新がんばってください(^_-)-☆

2006/07/18(火)16:46| URL | パッチ #- [ 編集]

パッチさんへ

もう本当に大好きな映画です。
ビールのシーン、私も好きなシーンです。
オペラをかけているシーンもお気に入り。
おじいさんのエピソードは本当に胸が痛い・・・。

「シンドラーのリスト」、まだ見ていないんです。
これも名作ですよね。
戦争モノはなんだか手に取りずらくて・・。
でもこれはヒューマンなんですよね。
見てみたいと思います。

リンクをありがとうございます。
私も貼らせて頂いていいですか?
よろしくお願いします(ぺこり)

2006/07/18(火)19:40| URL | みやぽー #- [ 編集]

おすすめ マイベスト映画&DVD

リンク全然いいですよっ♪
ぜひお願いします♪

「シンドラーのリスト」はたぶん私の中で、1番泣いた映画なんです♪
実話で感動。ほんとにいい映画なのでもし観たら記事書いてくださいねっ(^_-)-☆

2006/07/18(火)20:11| URL | パッチ #- [ 編集]

パッチさんへ

「シンドラーのリスト」は泣きの映画なのですね?
私は思い切り泣きに弱いので、ハンカチじゃなくてタオルを用意したほうがよさそうです(笑)
パッチさんが一番泣いた映画となると特に。
そして、見たら絶対記事にします!

それと、お言葉に甘えてリンクをさせて頂きました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

2006/07/19(水)01:49| URL | みやぽー #- [ 編集]

パッチさん、はじめまして。

友人から「シンドラーのリストいいぜ!」って言われたんですが、ロックバンドやってた奴(男)から言われたモノだったんで、てっきりサスペンス系かと思ってました。
奴もこの手が好きだったとは....
今度観てみます!


「パッチ・アダムス」は良かったですね。
こんな医者が近くにいて欲しい....


ところでみやぽーさん泣きに弱いのですか?
では多分もう観てると思いますが、オススメをひとつ。

「ペイ・フォワード」

これ最後のシーンでジェーン・シベリーの「コーリング・オール・エンジェル」の曲と相まってウルウルしました。


あととっておきをもう一つ。
泣きの金字塔です。

「フランダースの犬」(TV版DVD vol12,13)

バスタオル用意して下さい!

2006/07/19(水)23:11| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

「泣き」と言ったらみやぽー、みやぽーと言ったら「泣き」と言うくらいです(笑)
「ドラえもん のび太と鉄人兵団」でも大泣きし、「ハチ公物語」に至っては、泣き過ぎて意識が遠くなったほどです。

「ペイ・フォワード」はまだ見ていません。
いかにも「泣き」っぽい映画のため、目が腫れることが予測されるため、躊躇しているのです(笑)
だけど、一度みたいな、と思っています。

「フランダース」は犬に「泣き」にと、反則技すぎ。
本当にバスタオルですよ。

2006/07/20(木)00:49| URL | みやぽー #- [ 編集]

おすすめ マイベスト映画&DVD

パッチです♪

またまた遊びにきちゃいましたっ♪
私もほんとに感動映画が大好きなんですよぉ♪
まだまだブログで紹介していない感動映画、いっぱいあるんです♪
そして私もすぐに泣いちゃうんです♪

「パッチ・アダムス」と「シンドラーのリスト」は友達にストーリーを説明しながら、泣きそうになっちゃいます…(涙)
らいさんのおすすめの「ペイ・フォワード」もいいですよっ♪ラストはやばいですよっ(涙)
らいさんの言う通りラストの曲はかなりきますねっ♪
機会があったら観てください♪

また遊びに来ますねぇ~(^_-)-☆

2006/07/20(木)01:08| URL | パッチ #- [ 編集]

みやぽーさんもパッチさんも泣きに弱いのですね。

かくいう私も一度映画館で泣きました。
中学生の時だったと思います。

「キャノンボール2」を観に行ったとき、同時上映していた「ウインター・ローズ」って映画で初めて泣きましたね。
これもう一度観たいのですが、ビデオもDVDも出てないんです。
出してくれないかな....
内容はちょっと長くなりますので、もし知りたいのであれば次に書きますから言って下さいね。


しかし「ショーシャンク」のコメント欄、変な流れになっちゃいましたね。ゴメンナサイです。

2006/07/21(金)10:18| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

んーーー・・
一つしか見ていませんが、確かにずしっときます。

「泣き」と「亡き」は大きく違いますね。
「死」をテーマにしたものは、あまり涙が出ないことに気づきました。
きっと身近すぎるテーマだからでしょうね。

2006/07/21(金)10:19| URL | みやぽー #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。