スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

エターナル・サンシャイン

評価 ★☆☆☆☆
監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 ジム・キャリー  ケイト・ウィンスレット イライジャ・ウッド

エターナル作品紹介
別れた恋人クレメンタイン(K・ウィンスレット)が自分の記憶を消したという事実を知ったジョエル(J・キャリー)。ショックを受けた彼は自分も同じ手術を受けることに。しかし手術中にクレメンタインと過ごした数々の思い出がよみがえり、「彼女を忘れたくない」と気づく。無意識の中で必死の抵抗を始めたジョエルだが、手術を中止することはできなかった。




大嫌いなジム・キャリーとあまり好きではないケイト・ウィンスレット 。しかし映画自体は評判もかなり良いし、アカデミー賞の脚本賞も受賞した作品だったので、「俳優よりも内容」とばかり、「マイナス×マイナスはプラスになるし」とばかり、期待して観る事にしました。

んがッ!!
    『マイナス×マイナス×マイナス = マイナス!!』 
なんとも最悪な結果。ホント、稀に見るハズレ作品。

思うに、周囲の評判が良いしジム・キャリーだし、この映画を勝手に「切ないけど心温まるラブ・ストーリー」と勘違いしていたところが大きなマイナス要因だったと思います。
だから映画全体の暗さ、時間軸の変化、複雑な人間関係に一切付いていけずに「なんだこれ??」というまま時間が過ぎていったのです。

また、運の悪いことに、この映画を観る直前に「私の頭の中の消しゴム」を観てしまったのですね。同じ「記憶」を扱っていながら、真逆の展開の話に目が点になってしまったのが大きい。

アカデミー脚本賞受賞?
単に時間軸を複雑にしているだけではないですか?
「全てを知り、それを忘れてもなお、好きになって、違う結末を迎える」という着眼点はすごく素敵なのですが、如何せん映画の構成が懲りすぎ。(ケイトの髪の毛の色が変わって、さりげなく時間の変化を表してたり)
しかも途中でそのネタが分かってしまって、「やっぱりね」で終わってしまったし。
そしてケイト・ウィンスレット演じるヒロインの奇行ッぷリに全然感情移入できないばかりか、どう考えてもジムとケイトのツーショットの画のならなさに「別れて正解」などと思う始末。
私だってそれなりに傷ついた恋愛をしてきたのですが、 全く共感ができませんでした。

それにしても、ジム・キャリーの作品はどれも現実離れしたのが多いのでしょうね?あの顔にリアリティを求めるのが無理なのでしょうか

一つ驚いたのは、キルスティン・ダンストのかわいらしさ。「スパイダーマン」ではヒロインはあんまりだーと目を覆った彼女がすごくかわいい。こんなに落差のある女優も珍しいと思います。話そっちのけでキルスティンばかり目で追ってました。


やっぱり、ジム・キャリーは嫌いだと、改めて思った私なのでした。



⇒「エターナルサンシャイン」の詳細を見る




 
ポチッ♪
よろしくデス

スポンサーサイト


[ヒトコト]ごあいさつ | コメント(9) | トラックバック(2)2006/04/13(木)02:38

コメント

ジム・キャリー相当嫌いみたいですね(笑)
ちなみに私、好きでも嫌いでもないですが「マスク」未だに観たことありません。

しかしこれ個人的に良く分からない映画でした。

記憶消去の作業から逃げ回っていたのが、記憶の中なのか現実なのか?(当然記憶の中なのでしょうが)、もう途中から何がなんだか????????でした。
配役も微妙に感じたし、これなら「ブルース・オールマイティ」の方がずっと良かったかな。

2006/07/13(木)12:28| URL | らい #- [ 編集]

追伸です。
みやぽーさんが好きそうな映画をまた2つほど^^;
もう観たことあるかな?

「あなたが寝てる間に」

地下鉄の改札で働くルーシー(サンドラ・ブロック)。
クリスマス・イヴの朝、憧れの男(弁護士ピーター)がホームへ転落したのを助ける。付き添っていった病院で昏睡状態の彼に向かい、いつもの妄想?でつぶやいてしまったところを看護婦さんに聞かれ、彼の家族に婚約者と勘違いされてしまう。
ピーターの家族と過ごしていくうち、彼の弟ジャック(ビル・プルマン)は彼女に恋心を寄せていき、そして彼女もまた次第に弟ジャックに惹かれていく。

これほのぼのします。
サンドラの仕草がカワイイです。


こちらは実話を元にした映画です。

「あなたに降る夢」

絵に描いたような善人警官チャーリ ー・ラング(ニコラス・ケイジ)がある日立ち寄ったカフェで、貧しいが心優
しいイヴォンヌ・ビアジ(ブリジット・フォンダ)にコーヒー代をおごってもらう。その代わりに宝くじが当たったらその半分をプレゼントすると約束する。
その宝くじは見事当選!彼女に約束の半分を渡すわけだが、彼の妻ミュリエル(ロージー・ペレズ)はそれが気に入らない。そして.......

とまあこんな感じです。

また長くなってしまいすみませんです。

2006/07/13(木)12:31| URL | らい #- [ 編集]

らいさんへ

私もさっぱり分かりませんでした。
でも周囲の評判がいいので、それが本当に不思議です。
ジム・キャリーはあの顔がどうも苦手で・・。(スミマセン)それによって物語に集中できないのが、嫌いな原因なんです。ハンサムなんですけどね・・。

「あなたが寝てる間に」は私も好きな作品です。
見終わった後、すごくほっこりな気分になったのを覚えています。
それからサンドラの映画に嵌りました。

「あなたに降る夢」は実話で有名な話ですよね。
実は今までニコラス・ケイジ作品はことごとくはずして
いたので、見るのを躊躇していました。
だけど、らいさんんおオススメなら見てみようかな。

2006/07/13(木)19:31| URL | みやぽー #- [ 編集]

こちらの記事と、「パッチギ!」、「ALWAYS 3丁目の夕日」の記事をトラックバックさせて頂きました。

2006/08/04(金)13:23| URL | おしり #- [ 編集]

おしりさんへ

トラックバックを3つもありがとうございます!
私もトラバ返しをお願いしますね。

エターナル・サンシャインはどうも私の肌には合いませんでした・・(涙)
良い映画と評判なのに、残念です。
こんな記事なのに、トラバ大丈夫かしら・・?と心配しております。

2006/08/04(金)20:05| URL | みやぽー #- [ 編集]

こんばんは☆

お久しぶりです。ピクセルです。

僕もこの映画鑑賞しました。
みやぽーさんのところにも、エターナルサンシャインの感想あるかな~?なんてお邪魔したのですが、僕の感想がみやぽーさんと見事に正反対なので思わず笑ってしまいました。
僕もどうしても好きになれない俳優とかいますし、みやぽーさんの感想を読んでいて凄く納得できます。

本当に見事に正反対なので、もしお時間がありましたら、みやぽーさんに一度読みに来て頂きたいくらいです(笑)
でも、逆の立場だと笑えるか分かりませんが・・・
感想の最後の方で、キルスティン・ダンストについては、多少似た感想になってるのも面白いな~なんて思ってしまいました。

話は変わりますがトラックバックしたいのですが、宜しいでしょうか?
普段なら断りを入れずに気に入った記事だと勝手にトラックバックしがちなんですが、みやぽーさんが少しでも『ん~・・』なんてお気持ちなら、遠慮なくお断りください(笑)

2007/03/30(金)23:26| URL | ピクセル #- [ 編集]

ピクセルさんへ

しばらく留守にしていたため、お返事が遅くなってごめんなさい(><)
ピクセルさんにコメントを頂いて、久しぶりに自分の記事を読んで「なんとナマイキな・・」と恥ずかしくなってしまいましたv-402

この映画は本当は凄く良い映画なんだろうなあと思います。多分私の感性が少し可笑しいのではないかと心配していたりもします(笑)ピクセルさんの絶賛を聞いて益々そう思いました。
何年か経ったら違う感想を持つのかしら??

今からピクセルさんの記事を読みにいきまーす!
あ、もちろんTB大歓迎です♪
一足お先にTBさせていただきます(^-^)

2007/04/02(月)21:06| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

ありがとうございました☆

こんばんは☆
度々コメント失礼します。

>>お返事が遅くなってごめんなさい
いえいえ。とんでもございません。
みやぽーさんには、少々無理矢理にご訪問&コメント+TBさせてしまったのではないかと・・・
本当にありがとうございました。

みやぽーさんの感性はまったくおかしくないと思いますよ。それにナマイキとも勿論思わなかったです。
嫌いな役者や期待とズレた時に厳しい評価になるのは僕も一緒です。
それに僕も数年後に鑑賞したら、ジム・キャリーの顔に何を求めているか分かりません(笑)

TBさせて頂きました。
また遊びにきます!

2007/04/03(火)00:05| URL | ピクセル #- [ 編集]

ピクセルさんへ

>みやぽーさんには、少々無理矢理にご訪問&コメント+TBさせてしまったのではないかと・・・

とんでもございませんっ!
いつでもTB、コメント大歓迎です!それにTB頂いた記事は私もとても気になりますし、映画に関する記事を読むのは大好きです(^-^)
特にピクセルさんは映画に対して誠実な方とお見受けしました!いろいろ参考にさせてくださいね。

ブログも新しい機能がたくさんで素晴らしい!
コンピューターに詳しくて羨ましいです。


2007/04/03(火)23:04| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://shimapoh.blog55.fc2.com/tb.php/23-665f6fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エターナル・サンシャイン

7/1金曜日にエターナル・サンシャインを観た。@ギンレイホール。ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットが出ている。自分との記憶をケイト・ウィンスレットに消されたジム・キャリーが、自分も記憶を消そ

2006/08/04(金)12:51│活きた金の使い方

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)2004年(アメリカ)監督/ミシェル・ゴンドリー製作/アンソニー・ブレグマン、スティーヴ・ゴリン脚本/チャーリー・カウフマン撮影/エレン・ク

2007/04/02(月)23:45│映画山脈

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。