スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

旅するジーンズと16歳の夏

       
評価  ★★★★★
原題  The Sisterhood of the Traveling Pants
監督  ケン・クワピス
音楽  クリフ・アイデルマン
出演  アンバー・タンブリン  アメリカ・フェレーラ 
    ブレイク・ライブリー  アレクシス・ブレーデル


旅するジーンズ
作品紹介
16歳のブリジット、リーナ、ティビー、カルメンが、初めて夏休みを別々に過ごすことに。1本の不思議なジーンズを順番にはくことに決めた4人は、それぞれの旅先で新たな出会いを経験していく。

「結局、みんなダメなところあるよね。
 
 幸せは大きく成功したときより ちょっとしたときに感じるもの。

 スケボーの技を一つ覚えたり、このジーンズをはくとき、
 ゲームで先に進むとき、後悔せず前向きになれるとき。

 なんとか頑張る。  それでいいよ。」



また一つ、私に好きな映画ができました。
それがこの映画「旅するジーンズと16歳の夏」 。


これは、ずっと一緒だった性格も外見も違う4人の親友たちが、初めて16歳のひと夏を別々に過ごし、その間に自分の問題を見つめ直して新たな1歩を踏み出すまでの物語です。


題名にある「ジーンズ」は、時には友情の証として、時には素敵なことがおこる象徴として印象的に使われています。


自分に似合うジーンズに巡り会うことってそうないですよね?
私も自分の一本を探し歩いて見つけてからは、それをずっと大事に持っています。


そのような洋服探しって、出会いによく例えられます。
それは時に男女の出会いだったりと、運命を交えながら語られることが多いです。


この作品の場合は「友情」です。
めったにめぐり合うことの無い、自分にぴったりくる友情に出会えた、ラッキーな4人の物語。



初めて離れて過ごす16歳の多感な時期に、悩みながらも4人はそれぞれの物語を紡ぎだし、時にはほつれたジーンズはそれを伝えるべく旅をします。だから遠く離れていても、4人は互いを思いやることが出来る。そして壁にぶち当たったときは友情という名のジーンズが彼女達の背中をポン・・っと軽く押し勇気を与えますが、だけど、最後に1歩を踏み出すのは彼女達自身であることをこの映画はちゃんと伝えてる。



自分で歩かなければいけない「少女」から「大人」の移行はもう目の前。ずっと一緒にいることは出来ず、これからは一人一人の経験が彼女達を育くみ、自らの手で人生を切り開くことになる。
だからこの映画は「始まり」の物語なのです。


それぞれの物語を歩き出した4人は、進む道は別々でも、異なった人生を送るとも、「4人にぴったりのジーンズ」がある限り、友情はほつれたり、直したりしながら、きっと永遠のものになるでしょう。



今から、私も遠く離れた大切な友人に、メールじゃなくて手紙を書こうかな・・・。


そんなやさしい気持ちになる映画です。


⇒「旅するジーンズと16歳の夏」の詳細を見る
icon



 ポチッ♪
 よろしくデス



スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/青春 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/04/10(月)09:58

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。