スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

あるスキャンダルの覚え書き

評価     ★★★★★
監督     リチャード・エアー
脚本     パトリック・マーバー
出演     ジュディ・デンチ /ケイト・ブランシェット /ビル・ナイ


20070629013737.jpg作品紹介
おもに労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外にあるセントジョージ総合中等学校。ここで歴史を教えるベテラン教師のバーバラは、厳格すぎるゆえに生徒ばかりか同僚教師たちからも疎まれる孤独な存在だった。そんなある日、美貌の美術教師シーバが赴任してくる。彼女との間にならば友情が築けると確信したバーバラは、以来シーバを秘かに観察し、それを日記に書き留めていく。そして、ある出来事をきっかけにシーバと親しくなったバーバラは、上流階級の幸せそうな家庭生活にシニカルな感情を抱きながらもシーバとの友情に喜びを感じていた。ところがある時バーバラは、シーバと男子生徒の情事の現場を目撃してしまう…。



⇒ FC2ランキングを見る




まずヒトコト申し上げたい。


もーー!なんでこんな良作の映画をかける映画館が少ないの!

ジュディ・デンチだよ?!ケイト・ブランシェットだよ?!
今年のアカデミーに揃ってノミネートされて、映画の評判もすこぶる良いと言うのに、東京と神奈川でたったの4館て・・・(←日本の中心だよ!)しかも私が見に行った映画館では一番客席の少ない小さなスクリーンでの上映。あれじゃ正規料金\1800が泣く!(てか、300円くらい返して)シネコンでかけろとは言わないから、せめて一番大きなスクリーンでかけてほしい!
しかも痴漢と言う迷惑オプションつき・・・・(激怒!)
あんた、オジサン、絶対R指定に釣られてやってきたでしょ?!
「それでもボクはやってない」を見て心入れ替えて出直してこーーいっ、わりゃーーー!
(大激怒!!)


2



・・・・・・・・・・・・・・・。

え・・・・・コホン。(もとい)
エキサイトしてすみません。たまにこんな不愉快なヤツが出るんです。R指定の作品には。
確かに「あるスキャンダルの覚え書き」を週刊誌風に意訳しますと、
「衝撃告白!美人女教師と教え子の禁断の関係! ~私が記す許されざる情事の真実~」と言う感じで、ヨコシマなおっさんが釣れるのも無理はない。ただこの場合、「家政婦は見た!」の市原悦子氏であったなら、話は分かりやすいでしょうが、実際に目撃したのが腹にイチモツもニモツもあるジュディ・デンチだったために、映画はピンクどころかサスペンスフルでホラーな状況へと移行していくのです。平たく言うと、オジサンが期待するような展開にはなりません。


この映画は人間 VS 人間の上質なサスペンス。死体もトリックも犯人も無し。流血すら無し。あるのは孤独な人間の歪んだ心が生み出すリアルな恐ろしさのみ。

人間は、ゾンビなんかが足元に及ばないほど複雑でおそろしい生き物。見た目が普通なのでより始末が悪い。多くの人は心の奥底に、人には知られたくない闇(病み?)を隠し持っている。
この映画は、ジュディ・デンチ演じる孤独な老女・バーバラの歪んだ心を顕著に描き、そこから生まれる悪意、他人を支配する悦び、自己中心的な愛情、孤独を描ききった傑作です。


ケイト・ブランシェット演じるシーバ(←人妻子持ち)は、バーバラの勤務する寂れた高校に美術教師として赴任する。シーバの美しさはそこでは掃き溜めに鶴状態。バーバラは一目でシーバに心を奪われる。二人は親しくなるが、そんな時、シーバのスキャンダルシーンを覗き見してしまう。その秘密を手に入れたバーバラとシーバの間には、圧倒的なパワーバランスが生まれ、奇妙な友情ゲームが続いていく。そして次第にバーバラはシーバを精神的に支配するようになり、そして蜘蛛の巣にかかった獲物をたぐりよせるように、徐々に自分に引き寄せていく。


6




人間ドラマ、と言うよりはバーバラの執念はホラーの域。彼女は己の心を曝け出した日記を毎日書いているのだけど、シーバと楽しく過ごせた日には子供のように「金星」のシールをつけたりする。そして拾ったシーバの髪の毛を一本貼り付けたりする。見ている者は、淡々と行われるそれらの作業にまずゾっとする。
この日記と言うのが、ストーカーって多分こういう心理なんだろうなと言う、明らかにその手の精神分析に役立ちそうなシロモノ。そんな歪んだ思考のプロセスを真剣に思うバーバラにまたゾッとする。

もうお気づきでしょうが、バーバラには同性愛の傾向がある。だけどそのバーバラの異常性は同性愛が直接な原因ではなく、根底にある乾いた孤独感が彼女を駆り立てる。
女が1人で生きると言うことは、こんなに孤独なことなのか。
あまりにもリアルで、切実で、明日は我が身と思う私にはその孤独さに一番ゾッとしてしまう。


3



そして、この映画は二人のアカデミー女優を抜きにしては語れない。
静かに狂う、底知れず怖い女をジュディ・デンチが、
物質的には豊かでも精神的に孤独を覚える、隙だらけの女性をケイト・ブランシェットが、
こんなに演技力が必要な映画もないだろうと言うくらい難しい役を、二人は隙の無い演技で表現している。きっとこの二人なら「紅天女」を演じられるのだろうな。(←「ガラスの仮面」より)

本当に本当に、人間の怖さを語らせたらピカイチのこの映画。
ごく普通の日々に潜むサスペンスを見事に表現していると思う。

そして最後にもう一度ボヤくけど、本当になんでこんなに公開規模が小さいかな?
席も全部埋まって、立ち見まで出てるのに。





古今東西、昔から秘密はバレるもの、日記は読まれるものと、相場は決まっている。



<お詫び>
*タイトル表示を誤りました。
「あるスキャンダルについての覚え書き」ではなく、正しくは「あるスキャンダルの覚え書き」です。
あるまじき失態!





 応援をお願いします





スポンサーサイト

テーマ:見た映画の感想│ジャンル:映画
[ジャンル検索]サスペンス/ドラマ | コメント(4) | トラックバック(0)2007/06/28(木)01:30

コメント

まじで!

これ、見てみようっと。
明日、パイレーツを夫と見に行く予定なんやけどな、こっちの方が面白そうだにゃ。

ていうか、みやぽーちゃんの美しさを差し引いたとしても、痴漢が映画館にいるなんて、激怒やわ!!!
みやぽーちゃん、どうしたん?映画よりそっちの方が気になるわ。わたし、痴漢には狙われないタイプなのよね・・・多分、怖そうだから (確かに、怖いと思うでー)

2007/06/29(金)17:17| URL | みおぽん #- [ 編集]

みおぽんちゃんへ

私もこの年で遭うとは思わなかったわー。
客層の平均年齢が高かったからかな(笑)
私は基本ぼーーーーっとしてるし、多分隙だらけなのでしょう・・・・反省!

この映画はとても面白かった!是非見てみて~。地味な作品なんだけど、だから俳優の凄さがわかるというか・・。
だけどパイレーツはまだ見てないので、みおぽんちゃんの感想が聞きたいわ。あちらはデートムービーだから旦那様も楽しめるね♪この映画は女の恐ろしさにいたたまれなくなるかも・・・?(笑)

2007/06/29(金)23:11| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

あれれ?

「あるスキャンダルについての覚え書き」で良いんじゃないの?
と思ったら、原作はこれで映画の邦題は違ってるんですね。
面白そうですね~、下手なホラーよりよほど怖そうで。

にしても、災難でしたね。
いや、犯罪を災難と言ってはいけないな。
激怒も当然。警察に突き出してやりたい。

2007/07/02(月)13:45| URL | なつき #W5nQohCk [ 編集]

なつきさんへ

そうなんですよ~。
私もうっかりしていました。小説の邦題と映画の邦題は多少違っていたのですね・・。きちんと確認しないといけないなあと言う教訓になりました。

>面白そうですね~、下手なホラーよりよほど怖そうで。
全くその通り。一皮むけば、そこに何が隠されているのか分からない恐怖が人間の複雑さなんですね。そこらへんがとても巧みに描かれていたと思います。

>にしても、災難でしたね。
>激怒も当然。警察に突き出してやりたい
痴漢の場合、激怒はワンテンポ遅れてやってくるんです。
初めは????って状況がつかめず、その次に怒りの感情。もう本当に頭くるーー!せめて一発ボコればよかったv-412
こーいう不愉快な輩のせいで、健全なる男性までに迷惑が生じるのだから、男女ともに大迷惑ですよね!

2007/07/03(火)00:21| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。