スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

キンキーブーツ

評価    ★★★★☆
監督    ジュリアン・ジャロルド
出演    ジョエル・エドガートン /キウェテル・イジョフォー /
      サラ=ジェーン・ポッツ


キンキーブーツ作品詳細
田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。4代目社長としてあまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員の首切りを開始することに。どうにか工場を救おうと悪戦苦闘するチャーリーは、ひょんなことから知り合ったドラッグクイーンのローラの悩みをヒントに、男性向けセクシーブーツの開発に活路を見出すのだった…。


⇒ FC2ランキングを見る






またしても、楽しくてハートウォーミングで、愛すべき映画がイギリスから発信です。そして、実話だと言うオマケつき。

イギリスって、王室だの貴族だのサーだの伝統だの物価が高いだのと、なんだかお堅いイメージが先行するけれど、『カレンダー・ガールズ』『キンキーブーツ』などの常識に捉われない、自由な発送の話が尽きないように思います。逆にお堅いからこそ、そこから逃れようと自由な発想が浮かぶのかな?あくまでイメージですが。


ローラとチャーリー


この映画は、田舎のつぶれかけの靴工場がドラッグクイーンの指導の下、彼ら(彼女ら?)御用達のブーツを作って工場を建て直そう!とがんばるお話。ブーツといっても普通のブーツではなく、いわゆる女王様ブーツと言うキワモノ。周りの偏見や弱い自分を乗り越えてブーツを完成させ、ブーツが有名になるまでの過程を温かさたっぷりに描いています。

良い映画を見た感想としては妙に現実的だけど、ビジネスチャンスとは本当にアイディア次第なんだなあと思ってみたり。当時のイギリスに何人のドラッグクイーンがいるのかはわからないけど、工場が建て直せるくらい存在していることは確か。洋服は女性のLLサイズで賄えたとしても、あのか細いヒールでは体重を支えることができない。需要があるなら供給を!と言うことでそこに目をつけるとは、なかなかのGOOD JOB。

この映画に出てくる人たちは本当に魅力的。特に、ドラッグクイーンのローラの魅力と言ったら!ドラッグクイーンという選択で、自分の特性をカミングアウトしている生き方は、実に堂々としていて自信たっぷりに見えたりもする。だけど裏舞台では、客の中傷に傷つき、偏見に負けそうになって殻に閉じこもる一面もある。彼女達ドラッグクイーンににとって服や靴は、世の中と渡り合うための武装なのだと気付かされる。


ブーツ


そんなローラだから、大切なブーツへの思い入れはハンパではなく、一切妥協をすることはない。しかし工場の職員達は、女装をした巨体の男が乗り込んでくることに、偏見を持って接することしか出来ない。そんな職員の態度に傷つきながらも、ローラは彼女らしくあることを忘れず、いつしか自分を受け入れさせていく。

素晴らしくヒールが高く、攻撃色の強い真っ赤なローラのエナメルブーツ。
女性を美しく見せるヒールは、実は履くだけで痛かったりする。
それを我慢して履き続けることは、まさにローラの生き方そのものを表している。

地に足が着いた機能重視の男性の靴を履いて、安定した日々を手に入れるよりも、女王様ブーツを選ぶことで、偏見と言う痛みを我慢しながら自分らしく美しくいることを選んだローラ。

自分らしくあれば、それが自信になる。

そう言うことなんです。



ローラとブーツ



この映画は偏見を題材にもしてもいるけど、偏見って結局はよく知らないことをあれこれ想像して勝手に思うことなんですよね。それを乗り越えて、理解しようとするかどうかはその人次第だけど、NOを言うより、YESと受け入れることができる人生のほうが、楽しそう。

あの攻撃色の強かったエナメルブーツも、最後にはその色さえも愛らしい一品に見えてくる。

そう思わせる、この映画の魅力。ローラの魅力。
最後には偏見を捨てた工場の職員同様、私もYESと思うことがまた一つ増えたような気がします。


みやぽー足のサイズは22cm。靴探しは難しいの・・。




 ワンクリックお願いします。下がりまくってもうダメぽ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/コメディ | コメント(2) | トラックバック(0)2007/05/11(金)14:58

コメント

僕も先日観ました!

パッケージを手にし、あらすじを読んで面白そうだったので借りて観てみました。
偏見で、物を判断してはいけない!
ドラッグクイーンを通して、それを学んだよね。
それと、ちょっと角度を変えた考え方で、成功の道が開ける。
この映画は、いろんなことを教えてくれた映画でした。

2007/06/14(木)18:08| URL | こみたろう #nZG/KMsE [ 編集]

こみたろうさんへ

お久しぶりです!
ドラッグクィーンとか名前はすごいけど、逆境にある人ほど周囲の人間より優しかったり前向きだったりするんですよね。偏見を持たないことは難しいかもしれませんが、偏見をなくすようにすることはできる。
私もいろいろ教えられた気がしました。
何度でも見たくなりそうな、大切な1本になりそうです。

2007/06/14(木)20:07| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。