スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ブロークン・フラワーズ

評価    ★★★☆☆
監督    ジム・ジャームッシュ
出演    ビル・マーレイ  /ジェフリー・ライト /シャロン・ストーン

ブロークンフラワーズ作品詳細
かつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々。そんなドンに恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。そこへ、差出人不明のピンクの手紙が届く。便せんには“あなたと別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳になります”と書かれていた。それを聞いた親友のウィンストンは、お節介にもドンが当時付き合っていた女性たちを訪ねて回る旅を段取りしてしまう。そして、気乗りのしないドンを強引に息子探しの旅へと送り出すのだった。


*微妙にネタバレしてます


⇒ FC2ランキングを見る




オフビートで、ちょっとコミカルで、ちょっと脱力で、だけどちょっと哀愁漂う映画、それが「ブロークン・フラワーズ」 。

仕事で成功を収め、今や1人で悠々自適の引退生活を送る中年、ドン。その上に若くて美人な彼女までいてと、人が羨む勝手気ままな独身ライフのはずなのに、なぜか全く幸せオーラを感じることはない。
若い頃はプレイボーイで鳴らしたらしいけど、今はその見る影さえない有様。生きることさえ無頓着な様子は、まるで咲き誇った花があとは枯れ果てるまでをただ待っているよう。そして、そんなドンに愛想をつかせた彼女も、とうとう出て行ってしまう。

そんなときに、一通の手紙がドンのもとへ届く。
そこには、思ってもみなかった驚愕の事実が綴られてあって・・


ビル
なんだか、もう、初めからココロ捕まれて始まる物語。
ドンは、お金もあって普通に仲が良い隣人がいてと、ヘンに満たされているが故にハングリー精神がないんだよね。だから目標もないし、1人で生きていることに対しての疑問を持つこともなければ、寂しいと思う感情もない。他人と真剣に関わらず好きなことだけをやっていて、そうやってひっそりと自分の城で暮らしている。


そもそも、私がこの映画に興味を持つことになったのは、年老いた男がウン十年もの昔に付き合っていた女性達に会いに出かけると言うストーリーに惹かれたから。

これって、結構やってみたい人はいるのではないかな。少なくても私はやってみたい。短い期間でも、自分の人生に関わった人が今何をしているのか。変な意味ではなくて、同窓会感覚で会いに行きたいな、と思う。

シャロン

ドンが付き合っていた女性達は、見事にタイプがバラバラ。会いに行ったときの反応も、現在の境遇もバラバラ。ただ共通して言えるのは、彼女達を大切に思う人たちが傍にいると言うこと。

そこでドンは、彼女達にとって自分は単なる通過点でしかなかったことを改めて自覚する。
そして、自分ヌキの彼女達の生活を目の当たりにして、初めて自分の感情に気付いていく。

その感情とは、自分を寂しいと思うこと。
自分は誰とも繋がっていないということ。


何かを始めるには、もう自分は老いている。
今の自分を大事に思う人は、傍にいない。
自分が大事に思う人も、誰もいない。

その感情の重大さを、ドンは人生の終盤で気付いてしまう。
これは結構厳しい状況。寂しさを覚悟して1人で生きていくのと、ある日突然1人だと気付いてしまうことは、かなりの差がある。

花は何かを残して枯れていくと言うのに、自分には何も残せないと言う現実。


息子
あれだけ何事にも執着しなかったドンが、まだ見ぬ息子に対して執着を覚える場面には、見ていておかしい反面ホロリとくる。
怖いのは、このドンは決して特殊な例ではなく、誰もがそのような状況に陥る可能性を秘めていること。とても身につまされる思いがする。


この映画はきっと好き嫌いがはっきりする映画だと思う。
それは、この映画には描かれないことがたくさんあるから。見るものを置き去りにするようなラストに、煮え切らない思いをする人もたくさんいるはず。
だけど、これほどの余韻を与えて終わる映画もそうはないし、この映画の雰囲気にどっぷりつかれる人には、心地よい時間が流れると思う。


自分が年老いたときにもう一度この映画を見たら、きっともっと切実に感情移入ができて・・・そして泣いちゃうかもしれない(苦)


あの頃、私は若かった・・・(今も若いけどよ)





 ワンクリックお願いします。下がりまくってもうダメぽ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/コメディ | コメント(8) | トラックバック(0)2007/04/25(水)14:21

コメント

おじさんフェチ

きっとこの映画の雰囲気、私ははまると思う!
実は私、こういう哀愁漂うかわいそうなおじさんに弱いの・・・。このビル・マーレイ好き♡
ブログ読んでるだけでも胸がきゅんとしました☆絶対見ます!!

2007/04/25(水)20:25| URL | いわしょう #- [ 編集]

おひさしぶりです

久しぶりにコメントする気がします。
とても興味深い導入ですね!
ありそうでなかった題材。
れびゅーを読んでますます見たくなりました。
最近TSUTAYA DISCASの月8本に追い詰められてます(^^;
一時休会することになりそうですw

2007/04/25(水)23:11| URL | そのっち #- [ 編集]

いいですねぇ

こんばんは。

なんだかとっても良さそうな映画ですね。
みやぽーさん観る映画ってホント面白そうです。レビューもうまいし。

俺なんてはずれ多いしなぁ...
なんでこーなるんだろ?

2007/04/25(水)23:45| URL | らい #- [ 編集]

お久しぶりです

昨年の今頃、mixiの初めての日記がこの映画の感想でした。
叔父さんの小旅行、心地よかったです。
懐かしいな~!

2007/04/26(木)09:53| URL | ちゃーさん #- [ 編集]

いわしょう ちゃんへ

おじさんフェチ(笑)
しかも悲しいおじさまが好きとは、渋すぎるっv-509
私もこの映画でビル・マーレイが好きになったよ。ほんと、背中で哀愁を語るおじさまだった(笑)キューピーちゃんのような髪形もキュート♪
是非見てみてね!

2007/04/26(木)22:06| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

そのっちさんへ

わーい、お久しぶりです(^-^)

>久しぶりにコメントする気がします
私もしばらくブログを更新していなかったもので(恥)

>最近TSUTAYA DISCASの月8本に追い詰められてます(^^;
一時休会することになりそうですw

あらあら・・やっぱり働きながら月8本はキツイですよね。映画を楽しんで見ることと、ノルマで見ることでは全然意味合いも違ってきますしね。
私も同じ理由でオタメシでやめました(笑)

この映画は独特の雰囲気でした。
ちゃーさんにも楽しんでもらえるとうれしいな♪

2007/04/26(木)22:10| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

らいさんへ

らいさーん、なんだかコメントから涙が見えました(苦笑)
ハズレがあって、当たりがある!
出会いですよね~。あと感性かな。
だけど、らいさんに教えてもらったお陰で「デビルマン」と言うトンデモ映画に出会えましたし、ハズレも武勇伝ですよ!
この映画も相当好きと嫌いと別れそうだし・・。

>レビューもうまいし

v-238
でも、迷いながら書いてるんですよー。結構必至です(苦笑)

2007/04/26(木)22:16| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

ちゃーさんへ

そうだったんですか!
それは思い出深いですねv-398
あのドライブの音楽は傑作でした。すごく脱力(笑)
贈る花がだんだんショボくなっていくのもツボでした。
私もこういうロードムービーが大好きです!
これからちゃーさんのレビューを読みに行きます♪

2007/04/26(木)22:22| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。