スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ベスト・フレンズ・ウェディング

評価  ★★★★★
監督  ピー・ジェイ・ホーガン
音楽  ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演  ジュリア・ロバーツ ダーモット・マローニー キャメロン・ディアス

ベスト・フレンズ・ウェディング
作品紹介
ジュリアンとマイケルは、元恋人で現在は親友同士。28歳になっても独身だったら結婚しよう、という約束をしていた。28歳の誕生日を間近に控え、彼女は彼が結婚するとの知らせを耳にした。嫉妬に目覚めた彼女は、彼の愛を取り戻そうと奮闘するが…。






主演はジュリア・ロバーツですが、キャメロン・ディアスがブレイクするきっかけになった映画。確かに、キャメロンの若々しさ・キュートさは大女優のジュリアをも喰ってしまいました。二人が同じ画面に現れた時は、キャメロンに目がいってしまったのは、きっと私だけではないはず。

ともかく、これは本当に楽しい爽快ドタバタ「ラブ・コメディ」。ストーリー?そんなものは途中から無いに等しいです。腑に落ちない?そんなものはすっとばせ!これは何も考えないで臨機応変に楽しめば、きっと大好きになれる作品。共感も感動も超えた楽しさがこの作品にはあります。女性だけではなく男性も楽しめること受けあい。


ではなぜそんなに楽しいのか。
ジュリアとキャメロンの二人のキャラクターが絶品。映画には二人の個性が最大限に発揮されています。

プライドは高く、あの手この手で恋人を取り戻そうとするジュリア演じる主人公。とても自分勝手なハタ迷惑な女性ですが、実にチャーミングに演じているためちっとも嫌味にならないばかりか、あのチャームポイントの大口であはは!と笑われるとなんでも許せてしまいます。
キャメロン演じるライバルの女の子も同様。恋人を一途に想う気持ちとあの笑顔で全てクリア。二人ともなんでもやってくれぃ!という感じ。ああ、女の子はやはり笑顔が大事だわ・・などと、的はずれな感想をもってしまいます。ただ、二人に好かれるマイケル役の男優の力量不足が不満でした。あの二人から好かれるくらいなのですから、魅力に説得力のあるヒトが良かったなあ。そしたら少しは共感して見れたかも。


そして脇を固める役どころが、またゴキゲン!
最高なのが、ジュリアの良き理解者であるゲイのジョージ。この役の俳優さんは実生活でもゲイであることを告白しています。映画の流れにはゲイである必要は全く無いと思うのですが、そこにあえて「ゲイ」を持ってきて、要所要所に小気味良いパンチを効かせています。
とにかく、この映画には「悪人」なんてヒトは一人も登場しません。その徹底さが素敵。


私のお気に入りのシーン。
それは、話の中盤で登場人物がディオンヌ・ワーウィックの「小さな願い(I Say a Little Prayer)」を合唱するシーン。一人節をつけて歌いだすゲイのジョージ。それに続いて、歌いだすひとたち。徐々に歌声が大きくなって・・・最後は周囲を巻き込んで、ピアノまで加わっての大合唱!見ているこちらまでもう最高の気分。
このようにスパイスとして音楽を持ってくる映画が私は大好きです。


この映画は、劇中使用されている曲目にも注目です。
先ほどの「小さな願い」や、ジュリアンとマイケルが踊る「今宵のきみは」(トニー・ベネット)は私の大好きなナンバー。
この映画は曲の使い方がとても上手です。


気分転換をしたいとき、爽快な気分になりたいときに、ぜひどうぞ。


⇒「ベスト・フレンズ・ウェディング 」の詳細を見る
icon




 ポチッ♪
 よろしくデス

スポンサーサイト


[ジャンル検索]コメディ/ロマンス | コメント(2) | トラックバック(0)2006/03/28(火)01:18

コメント

初めましてです<(_ _)>
素敵なblogだなぁと思い、少し前からのぞかせて
いただいております☆
(勝手にリンクも貼ってます^^;スミマセン)

ベスト・フレンズ・ウェディングは、私も大好き!!!
・・・な映画です☆^(o≧▽゚)o
キャメロン・ディアスの音痴っぷりと一途なお嬢様っぷり
がキュートで、はまりましたねぇ♪
お話の楽しさはもちろん、音楽やファッションも素敵で
何度でも観られる映画でした。
後味の良さも、絶品ですよね^^

2006/10/22(日)21:06| URL | つき。 #- [ 編集]

つき。さんへ

つき。さん、はじめまして!
コメントをありがとうございます(^-^)
あと、リンクも頂いているそうで、大感激です!!

このキャメロンは本当に可愛かったですね♪
若々しく爽やかで、笑顔が本当に素敵でした。
あのオンチっぷりは彼女の「地」なのでしょうか?!
かなりひどかった(苦笑)
だけどまたそこも彼女の魅力。
大物になった今でも笑顔は素敵です。

私もこの映画は大好きで、何回見たか分からないほど。
なんだか、また見たくなって来ました(*^▽^*)

2006/10/23(月)17:42| URL | みやぽー #3U6GauWE [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。