スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

初恋

評価    ★★★★☆
原作    中原みすず
監督    塙幸成
出演    宮崎あおい /小出恵介 /宮崎将 /小嶺麗奈 /青木崇高


PC作品紹介
高校生のみすずは、小さい頃から孤独だ。みすずの母親は小さい頃、兄を連れていなくなったきりだった。ある放課後、みすずはとある場所に足を運んでいた。目の前にはBというネオン看板。みすずの手に握られたマッチの名と同じだ。数日前、兄が突然現れ手渡したマッチだった。店内に進むと、彼らはいた。兄の亮、女優ユカ、浪人生タケシ、肉体派テツ、お調子者ヤス、そして東大生の岸。仲間に加わったみすずの生活は少しずつ変化していく。そして岸に対して生まれた切ない感情…。そんなある日、岸がみすずに驚くべき相談を持ちかける。




普通に「初恋」と言うタイトルから、1968年に日本中を震撼させた迷宮入りの完全犯罪「三億円事件」と繋げて考える人は、まずいないでしょう。
タイトルどおりの淡い恋物語を期待すると全く「?」な印象を受けるし、かと言って「三億円事件」のクライムムービーだと思うと中途半端な物足りなさを感じる。
どこまでも違和感を感じるタイトルです。

だけど、ラストシーンで初めて、このタイトルは良いタイトルだと思った。
「初恋」の意味が生きたと感じた。
多分そう思うのは、私が女性だからかもしれないけれど。

この映画は、1人の孤独な少女が1960年代後半と言う激動の時代に生き、その底辺に位置する若者たちと出会って自分の居場所を見つけ、そして恋をして成長していく物語。「三億円事件」は彼女の恋と成長の手段と経過であって、結果ではない。


みすず「初恋」と題するものの、それは覚悟や決心などの静かで重い背景を背負っているものなので、全編からはちっとも甘い雰囲気は漂ってはこない。むしろ画面の色調どおり暗く、少し危うい雰囲気を醸しだしている。
その静かな映画に宮崎あおいの目の表情の演技がすごく映える。
やたらアップで静止のシーンが多いけど、セリフが少ない分アップの表情で気持ちが伝わってくる。いつから彼女はこんなに演技が巧くなったのでしょう?

学生運動が盛んに行われていた、1960年代後半と言う時代背景も映画のキーワード。
「時代を変える」「権力に逆らう」
この時代の若者はそう信じて行動し、大学紛争なども盛んだったという。
だけどこれらは岸の言うとおり、大人にとってはかすり傷みたいなもので、一時は騒がれても、結局は大人の権力がモノを言う。
そんな中で「大人になんてなりたくない」と言い切るまっすぐなみすず。

さあ、駒は揃った。
その背景があって初めて「初恋」と「権力への反逆」が結びつき「三億円事件」が起こるわけだけど・・・。



以下ネタバレ注意!



事件個人的には、少し「三億円事件」を起こす動機にしては弱いように感じた。そう感じるのは、小出恵介演じる岸に説得力がないから。なぜそんなにも権力を憎むのか?そこをちゃんと描いてほしかった。だって、権力を憎んでる割にはちゃっかりそれを行使して友人を助けたりしている。おいおい矛盾してないか?って(笑)
何よりも、己の感情のために、好きな女の子を犯罪に巻き込むことを観客に十分に納得させる力がない。

2人あと、小出恵介という俳優にも問題があるかと。
あれだけ童顔な宮崎あおいをもってしても、小出くんも相当に童顔なため、残念ながら年上の東大生には見えなかったし、そこのリアリティーのなさは正直痛かった。ただ、彼自身はとても良い俳優。もし3年後の彼がこの役を演じていたら、映画はまた違った印象になったと思う。


映画は本当に全編を通して静か。
セリフも少ないし、カメラを通して見える風景も穏やかです。
だから、最後のシーンが生きたと思う。
あんなにも二人の間には言葉は少ないのに、そこに書かれた文字は雄弁に気持ちを語る。その対比が鮮やかだった。
そしてもうひとつの「初恋」の真実。

いろいろ思うところはあるけれど、私はこの映画の雰囲気が好きだなあ。


元ちとせの曲がまたイイんだなあ


⇒ 『初恋』の詳細を見る
icon




 応援をお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ








スポンサーサイト


[ジャンル検索]ドラマ/ロマンス | コメント(2) | トラックバック(0)2006/12/24(日)19:35

コメント

気になってたんですよ

ぶっちゃけちゃいますが主人公の名前がうちの娘の名前です(笑)

小出君が相手役とは知らなかった。。。
すっかり私の頭の中では、ますみちゃんの風貌しか出てこなくなってしまっています

東大生役ですか。。。慶応の彼ならでは???

権力に逆らうって時代ですよねぇ。。。この頃って。。

今では関係ありませーん私。。。ですが。。

でも大学生とか若者のデモとかって絶対半数は騒ぎたいから便乗みたいな気がして私は嫌いです。
一人では何も出来ないけど誰かがやってるから、、ってので騒ぐ人は最低だと思います。
某球団のファンとかワールドカップの時だけ飲み屋で肩組んで凄い騒いでるにわかファンもどぉかと、、、
話は反れましたが、、、

自分がこの時代の人だったら何系になってたのかなぁ?って宮崎あおいちゃんの映画のポスターを見る度思ってました。時代を変えるとは思いもしませんが(笑)

でも好きな人を犯罪に巻き込むって男としてどぉかと、、、、って思うかもだけど女側からしたら嬉しいと思うのは私だけ
でしょうか・・・・

2006/12/27(水)11:42| URL | かなあみ #- [ 編集]

かなあみさんへ

おお、「みすずちゃん」というのですね!
とても可愛い名前です(^-^)
名前の通りとてもかわいいのでしょうね(うっとり・・)

確かに、好きな男性に誘われたら、それが犯罪であっても女性は嬉しいかもしれませんね・・。
私もやっちゃうかも・・?
それが恋というものなのでしょうか?

「のだめカンタービレ」の真澄ちゃんは最高でした!
「ちあきさま~っっ」て。
あそこまではっちゃけてくれるなんて、小出くん最高!!
私の中では赤丸急上昇中です(ラブ♪)
彼って、慶応生だったんですね・・知りませんでした。

2006/12/29(金)12:57| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。