スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

陽気なギャングが地球を回す

評価    ★★★☆☆
監督    前田哲
出演    大沢たかお /鈴木京香 /佐藤浩市 /松田翔太


PC作品紹介
伊坂幸太郎のミステリー小説を映画化。豪華キャストで送るスタイリッシュ・エンターテインメント作品!人間嘘発見器の成瀬、正確な体内時計の持ち主の雪子、演説の達人・響野、スリの天才・久遠といった、個性豊なキャラクターが集結しギャングチームを結成。彼らは、お金ではないロマンあふれる犯罪計画を企てる!





「ロマンはどこだ?」

邦画の「都会派クライム・サスペンス」。
原作は、発表する作品すべてが常に各誌ミステリーベストテンで上位にランクインする作家、伊坂幸太郎の同名傑作小説。2003年に刊行されるやいなや、すぐに読者から映画化の要望が殺到したという話題作。

4人クライム・サスペンスは邦画の苦手な分野の一つで、その点ではこの映画は良く健闘していると言える。「都会派」の異名どおり、洒落ていてユーモアがあって、現代版「ルパン3世」のよう。私の永遠の王子様である、大沢たかおをはじめとするキャスティングも「都会派」のイメージにぴったりだ。映像もとても凝っていて、粋なセリフとの相性もとても良い。衣装や小物一つにおいても、それらが作る世界観はなかなか素晴らしく、邦画なのだけれども日本離れした映像に期待は高まる。

だから、なおさらモッタイナイと思ってしまう。

この映画は、特殊な能力を持った4人が集結し、相手の裏をかいて華麗に銀行を襲うのが最大の山場。その山場に向かって二転三転するストーリーは、それなりに意外性もあってそこそこ楽しめる。しかし、その一点だけに集中していれば良かったものの、中途半端に恋愛事情が絡んでくるため、せっかくの山場のテンポが悪く盛り上がりに欠ける。
ホールドアップあと、4人の能力がもっと印象的に銀行強盗と結びついていれば、更なる爽快感を得られたのにと残念に思う。「人間ウソ発見器」の成瀬は、初めから真実を見抜いた上で今度の計画を思いついたのであるならば、それをちゃんと提示するシーンやセリフを入れたほうが見てる側には親切だし、計画を達成した際のカタルシスを提供できたハズ。

やはり、邦画においてこの分野はまだまだ開拓の余地はありそうだ。
意外性や緊張感などがプラスされて、そこに全体とのバランス良くラブストーリーが混ざり合えば、「シャレード」などのような傑作が生まれる日も遠くない。

そうすれば、ギャング達ももっと陽気になり、どんどん地球も回ると言うものだ。


大沢さんの離婚にびっくりしました

⇒ 『陽気なギャングが地球を回す』の詳細を見る
icon





 応援をお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ







スポンサーサイト


[ジャンル検索]サスペンス/ドラマ | コメント(2) | トラックバック(0)2006/11/28(火)00:00

コメント

これは予告観て、おもしろいと思った映画です。
DVDで観ようと思います。

2006/11/28(火)08:36| URL | ちゃーさん #- [ 編集]

ちゃーさん へ

おしゃれで、クールでカッコ良い映画でした(^-^)
車もかわいくて、ひとつひとつの小物にも注目ですヨ♪
楽しくご覧下さいねv-410

2006/11/28(火)21:53| URL | みやぽー #JJQdnNF. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

みやぽー(miyapoh)

Author:みやぽー(miyapoh)
年齢 : 中田世代
趣味 : 映画鑑賞、旅行、読書、音楽
好き : ワンコ狂い・お好み焼き狂い
苦手 : 事務作業、ゴキ、徹夜

みやぽーの「秘密の本棚」もよろしくね♪

リンクフリーです。



最近のコメント

最近のトラックバック

みやぽー愛用♪

TSUTAYA online

いろいろな新作情報がありマス。 関東方面の試写会応募もできるヨ。

映画を楽しもう

パソコンで座席が予約できますヨ

映画館で並ばずにチケットが買える!

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。